スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずは順調です!w 

こんばんはー! 皆様お疲れさまです~! 飼育状況は順調ですか?w
私は、変な時間に寝てしまって、こんな時間からの投稿です・・・^^;

24日に温度ショック工程に入った訳ですが、当日から2~3日は凄く冷え込み、ルーム内のヒーター2機と、温室内のヒーター1機、そして内気扇2機・・・
サーモにより多少のON・OFFはあるものの、ほぼフル起動してまして今月の光熱費が怖かったのですが・・・
今日は、私が住む奈良では温かく、加温状態も落ち着きホッとしていますw

幼虫もスイッチONしており、確認できるビンでは、ほぼ蛹室製作中って感じですが、まだ前蛹や蛹化を確認出来るビンは無かったです。

でも、良い状態にウエイトが乗っている居食い系の幼虫ほど、菌糸に窓が開かないですね・・・w
凄く気になり興味深々ですが、そっと我慢するしかない時期です。

一方、東京のブリーダーのUさんから、今日頂いた写メの蛹を見てうらやましい限りの超極太蛹でした^^v
Uさん頑張って素晴しい個体を羽化させて下さいね!^^

私も、後1~2ヶ月の勝負です! 気を抜かず頑張ろ~~っとw

それから、21日から24~25℃の温度管理で生体飼育テストを行っている、ENERGY CUBE BED 2009モデルが、今のところ生体には、なんのリスクも感じなく良い感じです^^v
生体は、しっかりエサ食いをしていますし、エサ食い以外は、エサ皿下のベッドスペースにて抱き枕を抱えこんで安心して休んでいるように感じますw

そのテスト中に発見したのですが、このエサ皿を使用していますと、ゼリーの持ちも良いように感じるのです!
これは、2009モデルに採用した材木の効果である、殺菌効果や、防カビ効果が効いているのではないかと思います。

私は、越冬時以外の普段使用していますゼリーは栄養価が高いKBファームのプロゼリーなのですが、プロゼリーは合成保存料など入ってない為、他のゼリーより若干持ちが悪いのですが、このエサ皿を使用してから痛みを感じなくなりました。

まだテスト期間中で、今は乾季でもあり、またヒーターで加温して湿度の低い状態で、痛みにくい時期でもありますので、なんとも言えないですが、また比較テストをしたいと思います。

もし、そうであれば夏季のゼリー交換期間が延び、消臭効果もありますので、あのすっぱい匂いからも改善されたら更に素晴しいエサ皿になりそうなんですがねー!
スポンサーサイト

緊張の最終工程へON・・・w 

DSCN10431.jpg   DSCN10471.jpg

こんばんは^^ 土曜日から急に冷えましたね~~!!

しかし、そんな冷えた時でも、自分の予定と幼虫のタイミングで、今週は2連休取れましたので、最終工程の温度ショックONを1月24日(土)に実施しました!

ガラス温室が今期より導入の為、管理が不慣れなもので、温度シュック後の温度管理及び湿度管理が安定するまで見守りたく、連休が取れたこの週末にと・・・w

少し無理させて工程を早めた血統もあるので、多少暴れるリスクもありますが、十分に育ってはいますので大丈夫でしょう!^^

高温を掛けたら、やはり心配していた、温室内の湿度がどんどん下がり、最大20%まで湿度が下がりきったので、急遽蒸発面積の大きい中ケース2個に少し水をはり一番下の棚にセットしました。 ホッw

本当は、この一番下棚も管理棚として使用したいのですが、ヒーターの影響を直接受け、内気扇を使用していても、ヒーターのON・OFF時に2℃以上の温度差が出来てしまうので良くないですねー!

皆様は、どうされているんでしょうか・・・? 来期への課題です・・・

ガラス温室は狭い空間なので、高温管理のなった途端、ここまで湿度が下がってしまう様なので、来期はこの事も配慮して、ビンの交換のタイミングも考えないと、最終ビンの湿度が飛んでしまってたらダメですね・・・
しかし、ガラス温室でないと、不可能な管理も試せますので、結果が楽しみです!w

画像の♀は、年末に早期羽化したBAKUCHIの♀です、すっかり固まったので採寸してみたところ、47mmガールでした!

母を受け継いで、横幅もあり極太短歯のなかなかの美人になりました^^

ENERGY CUBE BED 2009 【modern version】  

DSCN10311.jpg   7931396_o21.jpg

DSCN10261.jpg  ENERGY CUBE BED 【modern version】

こんばんはー!w お疲れさまです^^
最近、このネタが多いですが、またまたオリジナルエサ皿の紹介です!

ENERGY CUBE BED 【modern version】 が完成しました^^
昨日、ブログで紹介した2009モデル タイプⅡの進化版です!

これは、マットを使用せず、キッチンペーパーを加湿して清潔に飼育する為の仕様なのですが、2009モデルのタイプⅡにクローム加工をしたメタル素材の短い脚を装備しました!

マットを使用しないキッチンペーパー飼育場合、生体の足がエサ皿とケースの間に挟み、フセツ切れなどする可能性も考えられますが、この加工をする事で、その様な事故から回避できる様になります^^v

画像の2枚目は、あのアメリカの有名建築家フランク・ロイド・ライトがデザインした、フロアスタンドライトなのですが、ENERGY CUBE BED に似ていませんか?w

あ・・。 はぃ・・。 気の所為でした^^;

ENERGY CUBE BED 2009モデル タイプⅡ初公開! 

DSCN10161.jpg   DSCN10251.jpg

こんばんは^^ 私が住んでいる奈良ではまた雨です・・・
最近、湿度が下がっていたので雨も降らないと風邪をひきますね!w

今日は帰宅して、食事もとらず昨日のブログでご紹介していましたオリジナルエサ皿 ENERGY CUBE BED (エナジーキューブベッド)2009モデル タイプⅡの試作品の製作に掛かりました^^v

現行モデルより、2009モデルの改良点は・・・

現行の嵩上げ4本脚仕様の ENERGY CUBE BED をミニケースを使用して飼育した場合、サイドより生体がエサ皿の裏に潜り込もうとした時、若干エサ皿の浮き上がりを確認された為、転倒の恐れがあるので、サイドから潜り込めない様に無垢材での加工により、トンネル状のベッド(隠れ家)に変更しました。

以上の理由よる仕様変更で、デザイン的にも向上し、よりキューブなデザインに・・・

脚の高さは現行と違い固定になってしまいますが、4本脚より接地面が大きく、マットへの沈み込みが少ないので、固定脚でも十分にクリアランスが取れます。

それから、タイプⅡの大きな変更点は、使用材木を変更しました。
その材木は大変珍しい特徴があります。

※加工性が良い ※湿度に強い ※軽い ※防カビ効果 ※防ダニ効果
※殺菌効果 ※消臭効果 など・・・

まだ特徴があるかもしれませんが、その中でも珍しい特徴とは、湿度に強い材木はハードウッドと呼ばれるもので、非常に硬く、そして重く、加工は簡単ではないので、とてもエサ皿ような小さいものを製作できるようなものではありません。

今回試作しました、この材木は湿度に強いながら、柔らかく、そして軽く、加工性も良い、材木の中でも大変珍しいもののようです。

しかし、気になるのが防ダニというところです・・・
それは、日本のヒノキもそうなのですが、長所と短所は紙一重、防ダニはいいのですが、その効果が飼育する生体にまで悪影響はあっては大変なので・・・><

そんな事もあり、早くテスト飼育したく、試作品を製作して、テスト生体に協力してもらい、本日よりマット飼育仕様と、キッチンペーパー飼育仕様の2セットで、テスト飼育を開始しました!!

なぜにエサ皿ごときに、こんな事まで・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、清潔でオシャレな飼育を可能にして、色んな方が幅広く楽しめる様に、飼育の改革を提案をしていきたく思ってるだけです^^v

また経過をレポートします!w

分譲用の準備中^^ 

DSCN10151.jpg   DSCN10141.jpg

こんばんは^^ まもなくオバマ氏が大統領に就任ですね!
いや~ アメリカではCHANGE CHANGEですが、皆様が飼育されている幼虫も、蛹にCHANGEって方も多いでしょうね^^
うちでは、クネクネ蛹室作りを始め出した頃ですwww

良い個体が出れば分譲させて頂く予定ですので、有り難い事でHP立ち上げた頃よりお問合わせ頂いています方もいらっしゃいますが、しばらくお待ち下さい・・・
のんびりしてる間に、もうそんな時期になり、只今分譲証明カードの作成などに追われています^^;

今年分譲させて頂く個体は、2009~2010年に渡り構想を立てている、オリジナル血統本筋を作出する為のフレーム(骨格)的役割の個体となりますので、是非手にして色んな使い方をしてもらえれば嬉しいです^^

多少の仕様変更はあるかもしれませんが、分譲証明カードは画像の様になります。

また、同時に進めていますのが、先日のブログにも書いていました、2009モデルのオリジナルエサ皿 ENERGY CUBE BED (エナジーキューブベッド)製作です!

先日、四国の材木屋様より入荷しましたので、溝の掘り込み加工のみを下請けさんに依頼したのですが、きっちり加工して頂けました!w イメージ通りの出来栄え♪
ここから先の加工は、私の作業となります・・・

この分は、2009モデルからの使用を検討していました、機能豊富な新材を使用するタイプⅡの ENERGY CUBE BED になりますが、早く試作品を製作し、生体を飼育してテストを行うので、お譲り出来るのはしばらく先になりそうです・・・^^;

しかし、2009モデルのタイプⅠして現行と同じ材木を使用し、デザインのみをリニューアルして、更に使いやすさを向上させますので楽しみにして下さい!w

BRAND NEW STYLE な飼育とは・・・ 

DSCN10081.jpg   DSCN10091.jpg

こんばんは! お疲れさまです^^
今日は私が住んでいる奈良は車に乗っていると暑いぐらいの良い天気でした^^
しかし、明日からまた雨が降るようですね・・・

HPで、ENERGY CUBE BED (エナジーキューブベッド)こと、オリジナルエサ皿を紹介して以来、好評でお問合わせなど頂き、誠にありがとうございます。

元々、自分用に製作した ENERGY CUBE BEDですが、似たよなエサ皿が雑誌でも紹介されてましたので、正式に販売をする事は見送りました^^;

と、言いますのも、当HPのテーマでもある BRAND NEW STYLE (最新のスタイル) とは個体のだけの拘りではなく、飼育そのものにも BRAND NEW STYLE を拘っていますので、新しいモデルのものをご提案したく思いましたので・・・^^

今回、製作を計画していますのは、皆様が作出されました大切な最高個体の飼育用として、生体にも飼育者にとっても、更に使用感が向上される様に考えています。

その為、使用する材料も、かなり吟味しましたが、最高のものと出会えました。
試作分として、その材料を四国のとある材木屋様にオーダーして、入荷待ちです!

2009モデルは、現行と同様に、生体が目覚めたら直ぐ食事にありつける、安心して休めるベッドで、形状は更にキューブっぽく、そして機能面では湿気に強く、防カビで、ダニも寄せ付けず、消臭効果までもあるエサ皿になる予定ですが、そんなオシャレで機能的なエサ皿って良いとは思いませんか?w
勿論コストUPは避けきれませんが、最高個体に失礼のない様ご提案したいです^^

成虫飼育には色んな楽しみ方があり、ケースに、うろのある木を入れ、小さな森を作って眺めてみるのもいいですね^^
しかし、私は、あくまでも BRAND NEW STYLE に拘り、オシャレなアクリルケースにも似合う、機能的な ENERGY CUBE BED を入れ、清潔な飼育でモダンな今までにない癒しをご提案します!w

画像は、現行のモデルですが、新型に採用するかどうか試作テスト中の16g・30g兼用のスペーサーカートリッジ付きENERGY CUBE BED ですwww

私は、最高個体を飼育するには、ケース内の保湿効果も増す、30gゼリーでの飼育をお勧めしますが、思いのほか16gゼリーで飼育されている方が多く、16gの要望が多かったのでこんなものを作ってみました^^

どっちも使用できると便利ですいね^^
2009モデルを発表するまで、シークレットにしておきたかったのですが、ブログを読んで頂いている方に特別に公開しました^^

夢は大きく、準備も万全に・・・ 

DSCN10011.jpg   DSCN10031.jpg

おはようございます。 いや~~ 寒いっすねー!><
今週は奈良でも本格的に冷え込み、今期から導入したガラス温室が威力を発揮してくれています!^^v

今年も、おかげさまで初出以来バタバタして気が付けば15日・・・ 早いですね^^;
後、半月もすれば幼虫管理として最終段階の作業を待ちワクワクしています♪

また改めて、ご紹介しますが、その中には絶対に管理ミスの出来ない最強のニューフェイス幼虫も数頭いて、楽しみ以上に緊張が高まっています・・・

それと一方、今期セットに向け、飼育ケースに割れがないか、数が足りるか・・・など、再確認をして不足分の準備もしはじめています。
材やマットも、もうすぐしたら準備をしないといけませんね^^

それに加え、今期はセット数も増やしますので、効率よく安全に大切な幼虫もを採れる様に、前から気になっていました画像の、材割りの専用工具アペックスを購入してみました。

絶対に必要な工具ではないだけに、ちょっと高価とも感じる価格の設定ですが、手に取って見ると、さすが専用工具といった感じで、繊細な作りで刃先も細く素晴しい仕上げに大満足で、気分はすっかり割り出し職人です^^v

これで幼虫や卵もですが、自分の親指の爪も痛くならなくて済みそうですw
また使ってみての使用感は、インプレしますね~^^

これも拘りの飼育用品なのです^^ 

2853f7d7281.jpg   d8976c85ad1.jpg

こんばんは! 今日はお休みの方もいらっしゃいますよね?w
私も今日は休みで、のんびりさせて頂きました^^

今日は午後より、お世話になっております、ご近所のショップ様に交換予定の菌糸ビンを取りに伺ってきました。
そこで、前からお話しを聞いておりました、岐阜の遠方から奈良まで、よくいらっしゃるという熱いお客様ともお会いする事ができ、また大阪からのお客様もいらっしゃって、皆様と飼育の話は勿論の事、クワガタ採取によく行っていた幼少の頃のお話など、樹液の匂いが思い出すような懐かしい話などして、とても楽しいひと時でした^^

他の方の何気もない会話も、ひとつの経験談として、自分の飼育に当てはめると色んな飼育のヒントに変身しますからね^^v

しかし、この世界は、年齢や経験、または地域にも関係なく、同じ趣味の人が集まれば、色んな情報もあり、楽しく勉強にもなりますねー!
後は、性別という大きな壁がありますが近い将来その壁もなくなるでしょう?w

話しは変わりますが、今日のご紹介させて頂くのは画像のアルファベット大文字小文字と数字のゴム印です。
なぜにゴム印なのか・・・?w これも立派な飼育用品なのですよw

先日、ある方が管理されておりました菌糸ビンを見せて頂く機会があり、その方の菌糸ビンは、ひと目見ただけで、精魂込めて飼育されていたと感じる事の出来る、とても美しい菌糸ビンでした。

私は、今まで管理情報(日付・グラム・性別など)を直接菌糸ビンに油性ペンで記入しておりましたが、それだからと言って決して、いい加減な管理をしていた訳では無いですが・・・w

その方の菌糸ビンとは、管理情報をラベルシールを使用し、その記入をゴム印でされており、見ていても凄く気持ちの良い菌糸ビンだったので、私も2009年のセット分より取り入れようと、ネットで探しやっと見付けましたのが・・・
東京の【36 Sublo(サブロ)】というナチュラル感あふれるオリジナル雑貨を扱われてるショップ様より購入しました^^

この様に、普段他人に見せる事も少ない菌糸ビンですが、分譲する時でも、購入される方に失礼のない状態でお渡し出来る事ができますし、また分譲の有無に関係なく、本人は毎日欠かさず見るものなので、見ていても気持ちが良い方が心地よく、飼育室のインテリアの一部としても癒されるのではないでしょうか?^^

GLAMOROUS ミーティングぅ~ 

おはようございます。 今日は私の住む奈良では、冷たい雨が降っています!

私は、長期休みの間に生活の昼夜が反転気味で海外旅行も行っていないのに時差ボケ状態です・・・
昨日も仕事から帰ってきて、即寝してしまってました^^;
そんな感じで、今日は早朝に目が覚めて、トースト片手に記事を書いていますw

私のKUWA BROS こと、飼育仲間のT氏は、ビジネスの上でも相方的存在で色々お世話になっている方ですが、先日初仕事を終え、仕事の打ち合わせを兼ね、KUWA雑談に花が咲き楽しいひと時を過ごしました。

そこで、2009年のGLAMOROUSは、新しいチャレンジが増えるのですが、私は極太のアウトラインを中心に顎の膨張を追求をし、T氏は、LEGEND80(レジェンド80)を中心に、超大型個体作出を開拓していく事になりました。
極太個体でギネスサイズでも出れば、血統名のごとく、伝説(LEGEND)を残す事になるでしょう^^ 是非、頑張って欲しいです!w

今年からは、少し目指す方向や飼育方法も変わりますが、そうする事により、同時に色んな研究も出来ますので頑張っていきたいですね!w

将来計画として、私が2年後に予定しております、オリジナル血統の本筋個体と、T氏が極めていく極太系超大型ラインとのコラボ血統なども考えると夢は広がります。

この様な、計画や構想を考える時間も、KUWA飼育の醍醐味ですね^^

今年も、BRAND NEW STYLE の追求を事を楽しみながら、この世界が楽しくオシャレな趣味として、色んな方が楽しんでいける様な提案をしていきたく思っています。

シンプルモダンな飼育環境で BRAND NEW STYLE なオシャレな趣味に改革したいですねー!w ε(●'-')з▽☆□ε('-'●)з

北欧家具の様な、オリジナルエサ皿 ENERGY CUBE BED 【modern version】でも作ってみましょうか?w

2009 初菌糸ビン交換! 

DSCN09921.jpg   DSCN09851.jpg

こんにちは! 私は、長かった休みも、早いもので今日で終わりです・・。
そんな方も、多いのではないでしょうか?w
しばらく休むと身体もなまってしまいますが、気合いを入れて、2009年、仕事も飼育も頑張っていきたいと思います^^

今日は、朝からBAKUCHIのビン交換しました。
年末に大切な幼虫を、おそらく私のミス?で脱腸にさせたかもしれないと、お話しをしていましたが、そこで安定して菌糸に穴を開ける器具を年末に製作し、今朝初めて使ってみました。

きっと、この様な器具は皆様も工夫して製作されてるとは思いますが・・・w
私は、外筒に直径30ミリほどのステンレスパイプを使用し、内棒はアルミの無垢ではないですが筒にならない様に加工した棒を採用しました。

使用方法は、まず外筒で菌糸の中心にグサっと指し菌糸を抜き取り、内棒で外筒に入り込んだ菌糸を抜き取るという単純な構造ですが、キレイに開きますねー!
もっと早く製作しとけば、作業も捗り安定したキレイな穴を開ける事が出来て、先日の事故も回避できましたね・・・^^;
いや、それ以上に眠くて脳が寝てる時は、無理をしてはいけないですね・・。

私は、菌糸ビン交換の時などの除菌は、エタノールではなく、ライオンケミカルの除菌スプレーという、ペット昆虫用に開発されてた除菌スプレーを使用しています。

作業を行う前後に、使用する器具にシュシュっとするだけで、簡単に除菌が出来る優れものです^^
ライオンケミカル様の回し者ではないですが、良かったら使ってみて下さい。

さて、今日から私がお世話になっていますショップ様も今日から営業される様ですので、新年の挨拶を兼ね、今期使用予定の菌糸ビンを申し込んできます^^v

A happy new year. 

DSCN09781.jpg   img555515751.jpg

明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします・・・

BREEDING ROOMリフォームが終わり、大晦日は、ゆっくりするはずでしたが、出来上がった部屋を眺めてて、ガラス温室を設置した上部のスペースがもったいないなーと急に思い立ち、夕方から棚を付けようとホームセンターに走りました・・・w
大晦日の夜に日曜大工をやり始め、最後までバタバタとした一年でした^^;

その分、今日はゆっくりとしています♪

また、色んな方から、年賀状や、年賀メールを頂きありがとうございました。

今年の豊富としまして、当方拘りのテーマ、BRAND NEW STYLEな個体の作出を出来るよう、構想と計画を立て、無駄なく頑張っていきたいと思っています!

先日の投稿にも決意表明しましたが、近未来(2年後?)に必ず驚くほどの個体を作出しますので、期待して見守って下さい^^

上の画像は、ウルトラの父こと、極太WHITE EYE-BLACK Verですw
出したいですねー♪ こんな個体も・・・w いや、あくまでもイメージですがwww
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12« 2009/01 »02

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。