スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Specification change !! 

DSCN28461.jpg

こんばんはw 私は相変わらず仕事が忙しく、飼育が追われておりますw
皆さんは、お元気ですが? 飼育は順調に楽しんでいらっしゃいますか?
不景気で、飼育どころではない方も多いでしょうね・・・。 私もその一人です。><

先週は、今期最後のビン交換となる、新ライン ZERO-MAX(ゼロ・マックス) に使用するオリジナル菌糸ビン BABY ENERGY(ベビーエナジー) を改良して詰め、今週末には、無事いい感じに菌が回ってきましたので、昨日は数ビン交換しましたが、ZERO-MAX から、最高33.0gで、昨日交換した数頭の平均は、27.5gというヘビーウエイトに育っていましたw 新ラインなので、そのウエイトが、どうでるかが楽しみです!w

また、交換したビンの改良点は、前期より実施しております超高温管理は、蛹化・羽化のタイミングで体液を排泄し変身する時間が、通常飼育より短時間になる為(血統と幼虫の最終体重にも関係しますが・・・)排泄した体液の水溜りが出来ない様に、水分の吸収率がUPし、且つ高温でも菌の持ちが良くなる様に今回は詰めました。

高温に強いビンだけでは、どうもこの飼育には無理があるようです・・。
また前期で分かった事が、血統によっても合う合わないがあり、合わない血統は蛹化の前後で根こそぎ落としてしまった為、今期の累代を保留にしています。

それぐらいリスキーな飼育方法なので、今期からでも試される方は、1ラインにつき半数は通常飼育をされるか、実績のある血統を手に入れる事をお勧めします。

この飼育には、血統性、飼育アイテム(設備・菌糸ビンなど)、テクニックの三拍子が揃わないと結果がでないという事が分かりました。

皆さんも、自己飼育方法の確立まで一生終わることの無い研究をして楽しんでおられると思いますが、いち早く超高温管理を確立した方が日本で一番の人工極太虫を安定して作出する可能性を十分に秘めた方法だと私は思っています!w

今日の画像は、親しくして頂いています、AKO-ART-DIRECTORのTさんに飼育のチャンスを頂きました、Supr-Tank(スーパータンク)の♀が羽化しました。
種父は、64.8mm 種母は、47.0mmと小ぶりながら完璧な顎太虫ですが、この虫は最終体重16.0gで羽化し、固まれば51~2.0mmというところでしょうか?
無事羽化してくれて良かったですw Tさんありがとうございました。^^

さて、今日も残業ですが、先日から書きかけのこの記事を修正してUPしましたw
スポンサーサイト
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12« 2010/01 »02

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。