スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 BRAND NEW KUWA LIFE STYLE PROPOSAL !! 

DSCN33451.jpg

こんばんは。 今日は、朝から冷え込み、私が住む奈良では、雪が降りました。
桜が咲く前の冷え込みなので、花見も長く楽しめるのではないでしょうか?w

先日の記事でも、当ブリードルームは、小バエ0(ゼロ)飼育を行っており、オリジナルエサ皿 ENERGY CUBE BED (エナジーキューブベッド)を使用して、最高種親などの大切な個体を飼育している事はお話しましたが、全ての♂の管理を ENERGY CUBE BED のみでは、飼育コスト的にも無理があります。

そこで、それ以外の個体は、キッチンペーパーをハチマキ状に折りたたみ、十分に加湿してからゼリーに巻きエサ皿代わりにして管理していたのですが、その方法は、去年の秋より越冬にかけて採用した飼育方法なので、特に問題がなかったのですが、この季節など加温していると、元気に動き回りますので、輪ゴムを掛けていても、個体によっては直ぐにバラバラにしてしまいます・・。


DSCN33411.jpg

ほんと同じ種類の昆虫でも、こんなに性格が違うのかと思うぐらいに個体差があり、大人しい個体から、やんちゃな個体まで存在します。

そこで、今日の2枚の画像ですが、ENERGY CUBE BED の様な居心地の良いエサ皿を使用して飼育していても、パワーで転倒させる暴れん坊個体が存在しますので、2010の新提案として、完全転倒防止のエサ皿を製作しました。

30gゼリーをバンド状に握り、そのまま吸盤でケース内にセットしますw
今回、数十個製作しましたので、しばらくテスト飼育し、問題があれば改良します。
スポンサーサイト

Peaceful day !! 

DSCN32811.jpg

こんばんは! 今日は暖かく、久々カラっと気持ちの良い天気でした!w ^^v
そんな中、一日家でのんびりKUWA作業やPCにてデータ入力など捗りました。

そのKUWA作業で、GLAMOROUSでは初めての白眼血統の異血導入した、WHITE-MAKER(ホワイト・メーカー)の♀のボトルを掘ってみたところ、予定通り全て羽化していましたが、全て(WB)で黒目でした・・。

メンデルの法則からすると、♂(WW)×♀(BB)の場合は(BW)しか出現しないと聞きますが、私が行った♂(BB)×♀(WW)の場合の遺伝率はどうなんでしょうか?w

私は、元々カラーアイには興味ないですが、遊び心と言いますか、勉強の為にチャレンジしてみましたが、残す♂個体から(WW)は出現するのでしょうか?
もし出現したら、次の累代で♀が(WB)であっても、出現率は50%となりますねw

また、当歳個体で秋ブリを行い、沢山採れたZERO-MAX(ゼロ・マックス)が、最大33g(平均約27g)のヘビーウエイトのラインとなった為、熟成期間を少し設け、予定より1週間延ばしてスイッチ工程(超高温管理)に入りました。

新ラインの為、読めない事が多く、超高温管理で無事羽化までもっていけるものか正直不安ですが、何事も経験なので、データと取って管理してみます。

それから、GEKISHINのアウトラインのSHIFT(シフト)から、また♂1頭の蛹化が確認できましたが、遺伝子の悪戯が凄く、かなり歪んだ蛹で、先日の個体の様に、無事羽化したとしても数日で落ちるという結果になるかもしれません・・。

最後に、先日から何件が羽化個体の数値についてお問い合わせ頂いていましたので、今期親候補個体の数値及び、累代表示をHPのGALLERYにUPしましたので、興味ある方はご覧頂けます様、お願い致します。^^ ■GLAMOROUS HP■

2010 BREEDING-Ⅱ !!  

DSCN33291.jpg

こんばんはw 今日の奈良は、ハッキリしない天候でした・・。 (ノ△<。) あぅ
しかし、既に今期ブリードをスタートされている方は、まだ加温しながらとなると湿度の低下が心配な為、この時期の雨や湿度上昇はありがたいのではないでしょうか?

昨日も少し今期ブリード計画について触れましたが、その配合計画で、今期はOUT-LINE配合を見送り、安定した作出ができるIN-LINEに集中して、この不景気なご時世を乗り越え、この趣味を心地よく続けていく為のブリード計画を行う予定です。

しかし、向上心がある限り、IN-LINEだけでは限界があり、補足補強には異血導入のOUT-LINEは外せなく、2009年ブリードもクロスや戻しを含むOUT-LINEを行った結果、構想通りの良い結果がでました。

その様に、良い結果が出る事によって、次の工程の 『血統固定』 という段階があり、必然と飼育数もボリュームが出てきますので無理は出来ません・・・

飼育経費も飼育スペース確保にも限界がありますからねw
我慢の年になりそうですですが、IN-LINEの採れ具合によってはチャレンジします!

今日の画像は、2010model RADICAL(ラディカル) BILLET-X(ビレット・X) 種父は同じだけあって、骨格形状はそっくりですが、仕上がり表現の異なる、美形のRADICALと、ソフトマッチョのBILLET-Xです。

どちらも構想通りに仕上がった、強烈な顎を所有した種親候補個体です!w
この種親候補個体を超える個体が、残す個体から出れば最高なのですが・・・

2010 BREEDING !! 

DSCN33221.jpg

こんばんはw 今日も一日雨が良く降り、温度も不安定な時期になりますので、温度管理に注意して最終ステージを乗り越えたいと思います!
今のうちにまとまって降り、桜が満開になる頃には晴れてくれれば良いですね。

この時期は、皆さまも今期ブリード計画を考えられてる方や、もう既に始まり、この時期に爆産させておられる 『産ませ職人』 な方までいらっしゃいますが、私は使用個体を、昨日越冬明けさせたところで、約一ヶ月間しっかりゼリーを食い込ませ、十分に栄養を与えてから始めたいと思っています。

今日の画像は、越冬明け後に早速エサを食いだしていました、今期使用個体のZAP-MXⅡ(ザップ・MXⅡ)とELITE-00(エリート・00)です。

この2ラインは、去年秋に当歳虫で、少し無理してブリードしてみましたが、ZAP-MXⅡは全く採れず、またELITE-00は、IN-LINEが採れず、OUT-LINEのZERO-MAX(ゼロ・マックス)のみ採れましたが、今期はIN-LINEで2ラインづつ交配し、ガッツリ採りたいと意気込んでいますw タイプは違いますが2頭共カッコイイです!

2010 model special BILLET-X !!  

DSCN32711.jpg

こんはんは! 今日は、休み明けの上、雨でテンション下がりました・・。
そんな一日でしたが、帰宅してからブリードルームに入り、気になるボトルを掘ってみたところテンション上がり、本日2回目の投稿となりました!!w


DSCN32871.jpg

それが、今日の3枚画像の個体ですが、RADICAL(ラディカル)を、更に表現力を高める為に、元はRADICALと同じライン上でありながら異なる特徴で仕上がったGLAMOROUS未公開、荒削りゴツ系BILLETの♀ラインを使用した X(クロスライン)で掛け合わせたBILLET-X(ビレット・X)です!

2月27日の記事に紹介したBILLET-X同様に、このラインの特徴でもある、ソフトマッチョ系のダブル逆ハ・ディンプルもクッキリ刻まれています。


DSCN32751.jpg

この強烈な厚みが、血統名のBILLET(太い棒切れ)の由来の証拠です!!w
全長75.0mmほどですが、顎厚は基部からズドーンと余裕の5.0mm超えです。

Glamorous muscle jaw system !! 

DSCN32651.jpg

おはようございます。 先日の記事では、また奈良は冷え込みましたと書いていましたが、あの日のお昼には汗ばむほどの陽気になりました。
桜のつぼみもかなり膨らみ、関西は3月末~4月初めごろが見頃となるでしょう。

3連休を取れた方は、行楽やKUWAライフなど楽しめましたか?w
私は、休み中ちょこちょこ仕事があり、すっきり休みとはいきませんでしたが、予定していたボトル洗浄や、今期使用する個体の越冬明けなど済ます事ができました。

また、今期当り配合のRADICAL(ラディカル)の幼虫時AAクラスだった個体が、そろそろ羽化していそうなので掘ったところ、今日の画像の個体が出ましたw

なかなか画像では伝えきれませんが、顎の幅もさることながら厚みが凄く、その肉付き方の形状やエッジの消滅系がかなり自分好みの個体でUPしましたw
しかし、鞘翅のサイドから後翅流れ、少々羽化不全で仕上がり残念ですが、このまま安定しエサ食いさえすれば、種には問題ない程度です。

このラインは、今のところはずれがなく、最後の最後まで目が離せないですw

Germination !! 

DSCN32511.jpg

おはようございますw 私が住む奈良は、またまた急に冷え込み出しました・・。さぶ
世間では、今日から3連休の様ですね。
一方、年度末の処理で多忙の方もいらっしゃると思いますが、頑張って下さい。

私は、日・月と2連休を頂けそうですので、連休を利用して、越冬個体をブリードルームに移し、越冬明けの作業とプラボトルの洗浄など行う予定です。

今期はダラダラと冬入りが遅かったので、越冬期間が短く一度も加湿作業を行っていなく、先日AKO-ART-DIRECTORのTさんのブログを拝見して、乾燥について触れていらっしゃり、自分もドキっとし、越冬個体を確認したところ大丈夫でした・・。
エサ切れ以上に、乾燥は危険ですので気をつけないといけませんね。

今期の越冬セットは、♂全てにCUBE BED MAT(キューブベットマット)こと、ウレタンフォームマットを十分に加湿し、AKO-ART-DIRECTORさんでも取り扱いされていますミニケースにセットして管理していますので、保湿性はかなり優れています。

今日の画像は、蛹室をボトルの底に作った個体を、ボトルを逆さにして管理していたのですが、蛹室内部の高さも十分に確保で出来ているので安心していたのですが、先日温室内の棚の整理をし、置き場所を変えた所為で、温度差が出来てしまった様で、キノコの芽を生やしてしまいました・・・ (ノ△<。) あぅ

このままでは、羽化の際、危険ですので、掘り出したのですが、内部は、画像以上に小さい芽が全面に生え凄い事になっていました。

Outcome of an experiment !! 

DSCN32451.jpg

ガーン・・。 今期初で重度の羽パカになってしましました・・。
運良く鞘羽からの体液流出はないのですが、オシリが納まりそうに無いです。

この個体は、15日に蛹の画像を投稿した、SHIFT(シフト)ですが、超最終段階にての露天掘りがいけなかったんでしょうか・・。 (ノ△<。) あぅ 反省!
あまりに大人しいビンなので、てっきり羽化しているって思ったんですよねー。

しかし、この個体は、管理温度の実験個体で、12日に羽化の紹介をした、SHIFT(シフト)を兄弟ですが、こちらの個体の方が、1.5~2℃ほど低い温度帯で羽化させたのですが、形状はそっくりなのに、こちらの方が明らかに顎のエッジ立ってます。

決して貧弱な顎の個体でもないですが、この個体は15日に画像公開した蛹なので、それから考えると顎もかなり痩せたのが確認して頂けると思います。


DSCN32501.jpg

こちらはテーピングで処置後の個体紹介ですが、画像ではそこそこ良い感じに処置できた様にも見えますが、今回ばかりは助けられそうにないですね・・。
このラインは、予定数を超える幼虫を確保していますので、今度見守っていきます。

BRAND NEW KUWA LIFE STYLE PROPOSAL !! 

DSCN32231.jpg

こんばんは。 いつもブログをご覧頂いてる方、または初めて訪問頂いた方、どうもありがとうございます。^^

また、昨日のブログで私の体調を崩した事で、お見舞いのコメントや、メールを頂き、本当にありがとうございましたw おかげさまで、すっかり元気なりました。

ここのところ、蛹化・羽化の記事ばかりでマンネリ化していたので、参考になるかどうか分かりませんが、今日は少し私の飼育方向を紹介させて頂く事にしました・・・w

当ブリードルームは、小バエ0(ゼロ)飼育を行っており、HPのアイテムブースでも、オリジナルエサ皿 ENERGY CUBE BED (エナジーキューブベッド)を販売させて頂いていますが、特殊な材木コストが高く、このご時世に反した価格になっており、申し訳なく思いますが、当方でも、全ての♂の管理を ENERGY CUBE BED のみでは飼育コスト的に無理があり、特別な種親のみ管理使用しています。^^;


DSCN32311.jpg

そこで、それ以外(2軍虫w)の成虫♂飼育の紹介をさせて頂こうと思いましたw
上の2枚の画像の様に、CUBE BED MAT(キューブベットマット)こと、ウレタンフォームマットを加湿したものをミニケースに敷き、キッチンペーパーをハチマキ状に折りたたみ、十分に加湿してからゼリーに巻きエサ皿代わりにして清潔に管理しています。

加湿を怠るとバラバラになるので、加湿不足の信号にもなりますが、気になる場合は、輪ゴムを掛けてもいいかと思いますね。^^

画像には入れていませんが、1枚くしゃくしゃっとしたキッチンペーパーを入れてあげると、個体はそこを隠れ蓑になり落ち着くと思います。

Bad health !! 

DSCN32151.jpg

こんばんは。 先週も土日休日出勤の予定が、土曜の晩から最高39.2の熱が出て、寝ていても腰が痛く寝付かないぐらいで、仕事にも行けず家でゴロゴロしていましたが、たまにしんどくなると、普段の健康に感謝しないといけませんね。

先日、羽化した個体を投稿したSHIFT(シフト)が、悲しい事に翌日落ちていました・・。
羽化不全も覚悟していた個体だったので、何とか無事に羽化した事を喜んでいましたが、やはり変形していた蛹だったので、どこかおかしかったんでしょうか?

原因はわかりませんが、ファーストコロニーでシイタケ菌にまかれた初令が多数落ちたSHIFT(シフト)のラインなので、少々不安になり、他の羽化を確認したく、軽くコンコンと振動させても反応のない羽化してそうなビンを、もし前蛹だったらどうしよう・・・と、ドキドキしながら慎重に掘り始めたところ・・・w

途中でブルンブルンと蛹独特に振動があり、羽化はしていない事を気づいたのですが、今期使用している菌糸が高温にも強いので、掘った振動が刺激となり、蛹室内に芽を出す恐れがあるので思い切って露天掘りを行いました。

露天掘りした蛹室の掃除ついでに、一時的に人工蛹室に移し、撮影しましたが、この蛹は、中足の片側だけ顎外に出てしまっていますが、その他はバランスもよく、顎に厚みもあり私的合格個体なので無事を祈ります・・。


DSCN32211.jpg

また、こちらの画像は、BLACK PEARL-BLK(ブラック パール・BLK)で、種親こそ超していませんが、親に良く似た今期初♂の羽化ですw

羽パカにも種類のある中で、この個体は処置が難しい遺伝的に起こりえる小楯板陥没系の羽パカですが、処置のタイミングが合えば、ほぼ何とかなりますw

さて、今日は早めに寝て、体調を整え、明日から日常業務頑張ります!^^v

2010 model SHIFT imago !! 

DSCN32081.jpg

こんばんは。^^ 今週は、土日と休日出勤の為、今日は代休を頂きましたw
昨日は、せっちゃんこと、斉藤和義さんのライブに連れて行ってもらったのですが、久々のライプって事もあり、かなり楽しかったですw

ジャンルこそ違いますが、私も若い頃、関西中心でありますが、音楽活動をしていた一人として、ライブなど行くと、またやりたくなってしまいましたね!

斉藤和義さんの曲は、普段そんな聴かないのですが、有名アーティストだけあって、CMや映画のサントラで採用されている曲が多く、あ!これ知ってる。って感じでノリノリになって、帰る頃には好きになっていましたw
きっかけは何であり、そうして人に好きにならせるのは、本当に人柄と才能ですね。

話がKUWAネタに変わりますが、今日の画像は、オリジナル血統GEKISHINの更なる顎の拡張と、男らしさが出せるようストロングにと、AKO-ARTのTさんがセレクトして頂いた♀からのCBF1で、構想通りの個体に仕上がりましたSHIFT(シフト)です。

GEKISHINに軽くゴツが入り、ソフトマッチョなボディーとなりました。
顎は、完璧には膨張遺伝子が乗り切っていませんが、この個体は、蛹の時点で、顎が変形し、片側の鞘羽が短く、羽化不全の覚悟をしていましたが、若干の顎ズレと、数ミリの羽パカに留まり良かったです。

羽パカの補修について、以前に紹介した事があったかもしれませんが、先ほど独自のテーピング方にて補修しましたので、大丈夫でしょうw

自己満足の世界なので、好き嫌いはあると思いますが、顎のエッジ消滅(サナ顎)の様な表現は、血統+温度管理にて、比較的に安定して作出できる様になりました!

SAKURA flowering !! 

DSCN31871.jpg

おはようございます。 どこだったかな? 桜の開花発表がありましたねw
少し早いですが、花見の季節も近いようです。

世界的にも桜の美しさは有名だけあって、日本各地にも名所がありますよね。^^
地元の桜の名所思い出してみると、川沿いの場所に名所って多くないですか?

あれは、何故か分かりますか? 昔の人の知恵で、桜の美しさに引かれ、花見にくる人を利用して、川の土手を固めて梅雨に備えるらしいです!w 素晴らしい!!

また、散った花びらを掃除する手間もなく、川に流れると、それが川を薄ピンク色に染め、桜の絨毯を作るという一石二鳥な効果がいいですよねw


DSCN31811.jpg

今日の画像は、先日の記事で投稿しました、羽化しかけていた最終体重15.0gのRADICAL(ラディカル)が無事に羽化しました。

ご覧の通り、顎にパワーが乗った個体の為、最終ボトルでも体重は伸びているとは思いますが、印象としては、65.0mm級のボディーに70.0mm級の顎を付けたような感じです。^^ エッジがクッキリ立たないのも超高温管理の効果でていますねw

黒く固まれば、もっとイケメンになりますので改めてご紹介したいと思いますw

Spring is near !! 

DSCN31691.jpg

こんばんは。 私の住む奈良は、数日続いた暖かい日から一転して、今日は雪でも降るんではないかと思うぐらい寒い一日になりました・・。
越冬中の成虫も、三寒四温を感じ春の訪れを感じだしているのでしょうw

今日は、早めに仕事切り上げ帰宅し、ブリードルームに入り、2月中頃に露天掘りをしてしまった最終15.0gのRADICAL(ラディカル)の蛹が気になり覗いてみると、背中がパカっと割れ羽化が始まりかけていました。^^

ライトウエイトですが、想いのほか顎にパワーが乗った個体だったので楽しみですw
近日公開したいと思いますが、F8 IN-LINE といえ、なかなかの固定率なりました。

今日の画像は、そのRADICAL血統ではありませんが、オリジナル血統GEKISHINのOUT-LINEのSHIFT(シフト)です。

この個体は頭が良く、羽化後の脱出を考えてか、上部ギリギリに蛹室を作ってしまった為に、上部が崩れかけていたので、羽化中の事故から回避する様、安定するのを待ち露天掘りを行いました。 もう少し顎にパワーが乗って欲しいです!!w

Timing !! 

DSCN31482.jpg

こんにちはw 今日はあいにくの雨ですが、週末で休みの方も多いでしょうね!
私は、本当は出勤日なのですが、貯まりに貯まってる代休を頂きましたw
しかし、明日はまた休日出勤なので消化したようなしていないよな・・。

私のところでは、只今前蛹から蛹化のラッシュぐらいだと思いますが、今期は、前蛹の手前の状態から蛹期間中で落ちる個体が多く泣かされています・・。

しかし、超高温管理用に詰めたビンのおかげか、羽化不全や、羽化中に落ちるというのが、かなり改善できたと思いますので、落ちた個体の原因追求は、また行っていきますが、恐らくスイッチ工程のタイミングが、血統により若干早かったのではないかと反省もあり、落ちた個体には本当に申し訳なく思います。

超高温管理は、顎ヤセを少なくする飼育方法として行っていますが、このスイッチ工程のタイミングこそがキモとなってくるのでしょうね。

そのタイミングは、勿論個体によって違うので、ビンの交換の時に幼虫の状態(色・ツヤ・弾力性など・・・)をチェックをし、各コロニー単位で管理を行っていますが、やはり血統により、若干異なる飼育期間もあり、遅れると意味がなく、早すぎるとリスクが大きい、その微妙なタイミングの見極めがかなり難しいです・・・ んー 深い・・。

長年飼育をされている方なら、多く経験されていると思いますが、棚の奥の方に置いていた、期待の薄い個体を掘ってみたら、この個体が!!って、ありますよね?w

あの様な偶然が作った飼育管理のタイミングこそ運ですが、きっかけは運であっても、その棚ぼた個体の環境を再現する事で、血統+α=究極の個体として、安定な作出できる方が、匠ブリーダーだと私は思います!
私は、運がないので、それをカバーするのがデータ量だと信じて頑張りますw

Press machine !! 

DSCN27061.jpg

3月は、年度末の月であり、決算が絡み忙しくなったり、また人事異動が多い時期でもあり、仕事や環境が変わる方など、色々と忙しくなりますが、頑張りましょう。
私も、3月は忙しくなりますが、景気の回復を感じる忙しさになって欲しいですね・・。

国会も参院予算案で毎日やられてますが、その中継を仕事の移動中に見ていても、話を聞けば聞くほど、この先の日本が不安になり、かなり危機感を感じます。

しかし危機感を感じながらも、少しでも明るく楽しくやっていきたいですねw
何事も、危機感を感じない事は危険ですが、ネガティブになり全てを諦めて、捨て身になってしまう事が一番危険だと思いますね!

話が変わりますが、KUWA BROSこと飼育仲間のTさんが、三階松きのこ農城さんが販売されている業務用のプレスマシン(上の画像)を前期の秋に導入して頂いたんですが、私の方が使用頻度が高いので、私が譲って頂いく事になりましたw


DSCN31461.jpg

その為、以前使用していましたステンレス製のプレスマシン(下の画像)が、もう使用しなくなりました。 シーズン前にでもbiddersオークションに出品を考えていますので、興味ある方はアラートにでも入れてチェックして頂けたらと思います。^^
■GLAMOROUS AUCTION BOOTH■

Homepage update !! 

DSCN31001.jpg

こんばんはw 今日から3月です!! ほんと1年があっと言う間ですねw

私のところのブリードは、4月中頃から計画している為、越冬明けは3月の中頃までに行う予定ですが、もう既に交配されている方や、そろそろ越冬を明けさせ、3月末ぐらいから交配を行う方も多いとは思いますが、私は以前の記事にも投稿しましたが、安定したブリードを行える様に、気圧配置を気にしていたり、過去の失敗経験などもあったりで、自信もテクニックもない為、少し遅めの交配開始になりそうです。

秋ブリに失敗した、ELITE-00(エリート・00)やZAP-MXⅡ(ザップ・MXⅡ)始め、今期も楽しみなラインが多くワクワクしていますw

昨日は休みを頂け、時間があったので、未公開裏血統として温めてきたRADICAL(ラディカル)の2010モデルをHPのGALLERYに更新する為、撮影などしましたw
これ以上の個体が作出したら、また画像は変えるかもしれませんが、とりあえず構想通りに作出でき、やっと発表できた事を嬉しく思います!

しかし、その一方OUT-LINEのSHIFT(シフト)を十分に採った後、IN-LINEが採れずして落ちた、オリジナル血統GEKISHIN(激震)をGALLERYから外しました・・。
今は、標本となり存在していますが、とても気に入っていた個体だけに寂しいです。

生き物だけに、落ちる個体もあれば、誕生する個体もあり、元祖BLACK PEARL-BLKの♂の蛹化が遅く心配していましたが、今日やっと蛹化が確認できましたw
楽しみにしているラインなので、露天掘りしたい願望が・・・w どうしましょう・・。
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
02« 2010/03 »04

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。