スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010~2011 breeding plan !! 

DSCN33291.jpg

こんにちは。^^ 今日もかなり過ごしやすい良いお天気になりそうです。
割り出しは、6月に入ってからで、またビンの準備もできているので、今日は成虫飼育と、使用済みのボトルの洗浄でもする予定です。

今期ブリードの腹案 (鳩山総理のパクリw) はあるのですが、今セットしている結果次第でごろっと変わるかもしれないので、腹案とはいい加減な案ですw

とりあえず、飼育環境的にも、今年も200頭前後を目標で行きたく思っていますが、来期の事を考えても、今期のRADICAL(ラディカル)の結果が良すぎたので、種親♂を1頭には絞りきれませんので、最終♂の若干の特徴に違いのある個体を数頭セレクトし、RADICAL兄弟の中から別の血統ラインを仕上げていきたく思っています。

また、RADICALのクロスラインのBILLET-X(ビレット・X)もクロスにすれば、かなり良い結果となりましたが、更に遺伝率を安定させたく、このラインも充実させたく思う中、同じ時条件のクロス配合の、ZERO-MAX(ゼロ・マックス)も、既に羽化している♀は完璧で、♂も初蛹化で確認出来た個体も凄まじい蛹となりました!

そんな良い結果の次には、嬉しい悲鳴となりますが、今累代しているラインの中から、どれかのラインを休憩しないとオーバーフローしてしまいそうです。

そこで、今期累代を休憩するのは・・・ んー 泣く泣くBAKUCHIに決めました!
BAKUCHIは、前期にも多数の6mmオーバーを作出できたラインですが、まだ大きく分けて2種類の形状が羽化する中で、6mmオーバーが出た側の形状は、全身ボッコボコのディンプル個体側で、私には気に入らなく、私が気に入った形状側の個体は、クワガタのシンボルでもある顎をこれから仕上げていかなくてはなりません。

その様に仕上げていく工程が、この趣味の醍醐味ですが、限られた飼育数では、やはり結果の良かったラインに集中し、横の広がりを持たせる事が一番効率が良く、当方管理血統内のアウト・クロス・リターンなどを経て、最終的にはGLAMOROUSの基本血統作出を目標としていますので・・・

また、BAKUCHIは信頼の出来るKUWA BROS(飼育仲間)が累代して、仕上げていって頂けるので、その後の経過もしれますので・・・^^

それから、SHIFT(シフト)でも、素晴らしい個体の蛹化を確認しましたが、完全な異血導入は、かなり大きくバラツキがあり、ハリガネ君も沢山出ましたので、仕上げるには、しばらく掛かりそうですが、次世代面白くなりそうな個体も確保できました。^^

後は、AKO-ART-DIRECTORさんの00番(当方ではELITE-00)と、BLACK PEARL PROJECTさんのZAP-MXⅡとBLKのIN-LINEですね。
この辺の血統にも、いつか当方の血統と交配してみたいと計画しています。

今日の記事は、ブリード計画の独り言を長々と書きましたが、内容ない記事を最後まで読んで頂きありがとうございますw 今、書き終わって気付きました。^^; 
スポンサーサイト

My theory !! 

DSCN38381.jpg

こんにちは。^^ 今日の奈良は、大変心地の良い天候でした。
しばらくこの様な天気が続きそですが、まだまだ朝晩の冷え込みがキツく、体調が崩しやすいので風邪も流行っている様ですね・・。 皆様も気を付けて下さい。

今日の画像は、先日のブログの記事でも投稿した、羽化不全が連発している SHIFT(シフト)ですが、羽化が気なるビンを掘ったところ、極個体ではありませんが、左右の顎の長さが極端に違う個体が羽化していました。

画像の手前になる左の顎が標準だと思いますが、右の顎がかなり短く奇形です。
完全に遺伝子が、おかしく刻まれてるようですが、このラインは♀の仕上がりが、かなり良い極個体で仕上がっていますので、先日蛹化した個体を含め、残す羽化を控えた個体から少しでも良い♂個体を作出し、次に繋げたく思います。

話が変わりますが、親しくして頂いております、AKO-ART-DIRECTORさんのところで、まだ13頭しか産卵していない00番の持ち腹♀を分譲されていましたねー!
もうオーナーが決まった様ですが、うまく誘発して産卵が成功すればいいですね。

生き物だけに、産むかどうかの保証はないにしても、一度産んだ個体と言うことは、絶対に交配が成功した個体なので、十分に可能性がある思います。

このブログのリンクにもある、 『くわがたって?』 というブログの管理者さんの ACCROSS A LINEさんのブログでも、追い掛けについて意見募集されていましたので、私の考えで恐縮ですが、ここで語らせて頂くと、私は、一度交配が成功して産卵した個体は、セカンドコロニーなどの再セットでは追い掛けはしておりません。

しかし、♀にとっては精子は栄養価が高く、可能な限り多回交尾を受け入れるぐらいなので、♀にはメリットが多い様です。

その為、私は、前期に産卵が成功した♀でも、産卵前に精子供給の為ではなく、産卵に伴い栄養剤を注射する感覚で、越冬後には栄養価の高いゼリーと共に短期(2~3日)の追い掛けを行っています。

クワガタの場合、ある博士の文で読んだ事があるのですが、♀の体内にある持ち腹の精子と、新しく入った精子とでは、新鮮な精子を使用するのではなく、持ち腹の精子から使用して産卵を行うと書かれていました。
それから分析すると、追い掛けの精子は栄養として体内で使用されるのでしょう?!

また、持ち腹の♀に、別♂を掛けた場合は、その♂が元の精子を交尾器で掻き出す事も出来ると考えられ、その為に、他の♂に自分の遺伝子を奪われない様に、交尾が終わると♀をメインガードし、産卵まで♀を拘束すると考えられているようです。

Expansion DNA Jaw SHIFT !! 

DSCN38321.jpg

おはようございます。 今日は、朝から冷え込み、また寒い一日になりそうです。
昨日も帰宅後ブリードルールを確認すると、ヒーターが3機共稼動していました。

当方のブリードルームは夏には恵まれた環境ですが、逆にそれ以外は温度が低く、6月中は設定温度によってはヒーターは必需品になります。

今日の画像は、今期羽化不全が連発している SHIFT(シフト) ですが、凄まじい極個体ほど変形した蛹になっていますので、管理上のミスではなく、遺伝子的な力が効いていると考えています。

♂は当方のGEKISHIN(激震)で、♀はAKO-ART-DIRECTORさんの身内の方のみが所有されている累代F15のスペシャル個体です。

累代が進むと奇形が出ると良く耳にしますが、私はオオクワガタの生態的にも、そうは考えていなく、元々極太化した個体自体が奇形の一種で、その奇形個体を種親にセレクトし、ブリードを行う事で、累代だけの関係ではなく、奇形の遺伝子のイタズラで変形した蛹になり、羽化不全を連発させてしまったのではないと考えています。

今回のこの個体も、一見なんの変形もなく完璧な蛹ですが、顎が膨張しているからか、画像側の中足が顎内の空間に納まらず、外に飛び出しています。

たったこれだけの事ですが、前回のこの様な蛹の羽化を観察していると、羽化は足から脱皮が始まり動き出しますが、片側だけの中足が早くに自由になる事で、うつむせになり、小盾板から背中が割れる頃にバランスを崩していました。

羽化は、何度みても、神秘的で感動しますが、完璧なDNAに刻まれた順番通りの工程に進まないと問題があるようです。

また、この個体は1度目のスイッチ工程でタイミングを逃し、セミ化しかけていたので、一度ガツンと低温飼育をし、2回めのスイッチ工程は超高温飼育ではなく24~25℃温度帯にて蛹化した為、ご覧の通りエッジが立ってしまいました。

Thank you for being interested. 

DSCN37881.jpg

おはようございます。 ここのところ私の住む奈良では雨が続いております。^^v
勝手なもので、私達クワブリーダーは、産卵セットを組んでいるこの時期は、普段苦手な雨も恵みの雨で嬉しかったりしますねw

それぐらいクワガタの産卵には、雨降りの気圧配置も湿度も大切なものですね。
この様な、無理のない時期に、採れなかった方がショックが大きいですが・・・

去年の秋に採れなかった、ELITE-00(エリート・00)と、ZAP-MXⅡ(ザップ・MXⅡ)は、月末の大潮が過ぎてから割り出したいと思います。 何とか確保したいです!

また、ブログで初公開して以来、一番多くのお問い合わせ頂いております、オリジナル血統のRADICAL(ラディカル)の親級個体を分譲させて頂けました。

私は、営利の為ではなく、趣味でブリードを行っていますので、この個体も手元に残すかどうかで、最後まで悩んでいましたが、この画像の個体も含め、次世代の種親軍が安定している様なので、数頭残し分譲に踏み切りましたw

未公開の裏血統として、管理している間は問題ないのですが、発表した限りには、その虫に興味を持って問い合わせ頂き、また予約まで依頼頂ける方には、本当に有難く思いますので、可能な限りに要望に答えて、一緒に楽しませて頂きたいです。

今回の分譲・種親級個体は、70.0mmで、基部で6.4~ほどですが、オシリも小さくバランスの良い個体ですので、数値以上の感覚で、とてもカッコイイ個体です!

この様な自己満足評価を理解頂ける事が、非常に嬉しく思います! 感謝 感謝w
今までも、GLAMOROUSから、ご購入頂いた皆様、本当にありがとうございます。

皆様に分譲させて頂きに得た分は、これからも皆様に興味を持って頂ける個体作出の為の経費や、飼育アイテム・プロデュースなどの経費に大切に使用させて頂きますので、ご理解頂き、これからも宜しくお願い致します。

不定期では御座いますが、まだ少し在庫が御座いますので、興味がある方は、引き続きご検討のほど宜しくお願い致します。 ■GLAMOROUS HP■

ZERO-MAX Expansion DNA Jaw !!  

DSCN37781.jpg

こんばんは!w 今日は、強くは降りませんでしたが、関西は雨降りな1日でした。
普段の雨は嫌いですが、産卵セット中なので、自然な湿度UPは嬉しいですw

今日の画像は、秋に採ったZERO-MAX(ゼロ・マックス)の♂個体です!w
♀は、既に数頭羽化し、どれも種母そっくりの極♀で、♂の蛹化を首を長くして待っていたのですが、最終体重33gだった個体からセミ化する事なく蛹化しましたw

しかし、今期RADICAL(ラディカル)でも、HPで紹介している最大スペック個体より更に太い蛹を、蛹化中から羽化中の最終段階で3頭も落した為、この33gのZERO-MAXの蛹化がかなり不安になり、実はダイエットテク(菌糸の若いビンに投入してあえて暴れさせる)をし、ラスト27gまで落し、無事に極個体で変身しました!w

全長サイズを目指している方からすれば、なんと勿体無いっ!と怒られそうですが、私は全長サイズをさほど意識していませんので、より安全に完品羽化を目指したかったので・・・w ならば何故に露天掘り・・。 ですよねーw

これにもちゃんと理由があり、最終落ち着き蛹室を作った場所が、ボトルの底でプラが露出していて、もう少しライト体重個体であれば見送りましたが、この体重を約1ヶ月、硬い底で置いておけば、小盾板が沈み羽パカしそうなので思い切りましたw


DSCN37731.jpg

ラスト27gのヘビーウェイト個体だけに、全体的に大きな蛹なので、顎のボリュームが目立ちませんが、かなり太くバランスも良さそうです!

RADICALも、まだ全てが羽化していませんが、落ちた3頭が夢の7mm超えとなった為、何とか、このラインで、顎幅7mm UP、顎厚5.数mm いや、6mm UP の夢を託し、更に数値以上のバランスの取れた個体を作出したいものですw

(*v v)ノ ハイ・・。 そんな簡単にはいきませんがーーーーー!!w
欲を言えば、この顎を24~5gぐらいの個体に付いてて欲しかったです。 

Young sense !! 

RDICAL_kanban1.jpg

おはようございます。 先週末の関西地方は、暑いほどの良い天気で、ビールが美味しい季節になった思っていたところですが、月曜からまた雨と冷え込みで、ややこしい春の気候ですね・・。 温湿調整が大変です!

その天気が良かった日曜日の事ですが、以前から当GLAMOROUSのHPや、ブログをご覧頂き、興味を持って頂いていたブリーダーの方から、先日お問い合わせ頂いて、そのメールのやり取りで、ご近所の方という事が発覚し、実際の分譲個体をご覧頂く事になり足を運んで頂きました。

年齢は私より一回りほど若い方でしたが、初めてお会いしたとは思えないぐらいに、同じ趣味を楽しんでいる者同士というのは年齢の壁もないですね?
KUWA談に花が咲き、気がつけば4時間以上経ち、楽しい一時となりましたw

KUWA飼育を本当に真剣に取り組んでおられる熱い方で、これが縁で近くのKUWA BROS(飼育仲間)として、お付き合いさせて頂ければKUWA財産だと思います。

この趣味は、私ぐらいのアラフォー世代が多い中、この様な真剣に取り組んでおられる若い方のセンスや情熱で、これからのKUWA界を広げていって頂けたら嬉しく思いますし、私達の世代が、その良い見本にならなとダメですねw

私は、いつも思うのですが、この世界を開拓した大先輩ブリーダー方に感謝し、その歴史も大切に守りつつ、この世界の更なるステップアップとして、これからは色んな方が楽しめる様な、モダンでオシャレな趣味に改革していければ、もっと楽しくなり、もっと拘り抜いた、数値だけでは味わえない、1つの芸術作品を作出するアーティスト的な趣味となり、高度で更に奥の深い趣味になると思っています。

世界的に有名な日本の伝統芸術BONSAI(盆栽)に似てますねw
盆栽も以前は、年寄り臭い趣味とされていましたが、海外で注目を集める事で、今ではオシャレな若い方の趣味として再認識されていますからねw

盆栽ではなくBONSAIらしいです。 では、極太ではなくGOKUBUTOですね!w

2010 model ZERO-MAX !!  

DSCN36911.jpg

こんばんは。 天気には恵まれたGWも今日で終わりましたw
次回の大型連休と言えばお盆休みになりましたねw それまでがんばりましょう。^^

当ブリードルームの最終コロニーと、セミ化しかけている個体など、まだ一部羽化待ちが残っていますが、頑固な個体に2度目の温度ショックを与えましたが、その温度差が少し中途半端だったか思い通りにいきません;;

そんな中、秋に採ったZERO-MAX(ゼロ・マックス)が、そろそろ羽化し始めました。
♂は、今しばらく掛かりそうですが、羽化した♀を見た限りには、母親そっくり極妻系のイカツイ極太ニッパー顎で、かなり期待でそうな感じです。

今日の画像が、その羽化した♀の1頭で、今回は残念ながら羽化不全で仕上がってしまいましたが、とても存在感あるハイランクな個体です!

It starts by 2010 breeding !! 

DSCN36681.jpg

こんばんは。^^ GWも後1日となりましたw 早すぎですね!!
皆さんは、どこかに行かれましたか? 私は、どこも行かず引きこもってましたw

しかし、KUWA作業はそれなりに、のんびり出来たのでよかったです。
また、2010年の産卵セットもスタートし、約1ヶ月後の割り出しが楽しみです!

まずは、今期羽化が当り配合になった、使用済みのRADICAL(ラディカル)と、前期に当歳だったELITE-00(エリート・00)と、ZAP-MXⅡ(ザップ・MXⅡ)を秋にセットしたのですが、1頭も採れなかったので何とか今期は採りたいと思っています。

んー。 RADICALは採れますかね・・。
前期の産卵最終時に卵巣の吐き出しがあったのでダメかもしれないです・・。
また、別♀もセットしますが、その♀より劣りますので、若干結果が見えます;;

♂のランクが低くても形状さえ気に入っていればいいのですが、♀のランクは落したくないのがGLAMOROUS流の為、1頭でも多くのランクの高い♀を作出するかが、次世代へ向上には大切だと思っていますw

菌糸ビンも、今期は過剰栄養での肥大化を避けたく、ブナベースの2次発菌のビンも導入し、テスト飼育を行う為、1ヶ月の割り出しに向けて詰めました。
ゆっくり菌を回し、菌が優しい状態になってから、初令を投入します。^^

産卵セットは、ご覧の通り、特に変わった事もしていませんが、マットは2層で、材から落ちた初令の為に底には発酵マットを使用しています。

飼育環境的に、産卵セットの管理場所は、人の出入りがある為、♀に産卵を集中してもらう為にも、私は材を埋め込みマットでほぼ埋め込んでしまいます。
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04« 2010/05 »06

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。