スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Expansion DNA Jaw ELITE-00 !! 

DSCN39821.jpg

Expansion DNA Jaw !! (顎膨張遺伝子 !!)

DSCN39841.jpg

こんばんは。^^ 今日は休日出勤で奈良でも山間部の方まで行ってきたのですが、山はキレイに色付き紅葉していましたw

今日の画像は、先日蛹化した2011モデル初公開のELITE-00(エリート・00)です!

ここを初めてご覧頂いた方に、簡単に説明させて頂きますと、当方のELITE-00は、親しくして頂いています、プロブリーダーのAKO-ART-DIRECTORのT様が長年に渡って研究され、門外不出で温められた個体を、2008年に初公開されました00番血統の直仔を、当方ではELIT-00血統として累代しています。

小さいながら凄まじい形状に変身した蛹ですので、画像では解りづらいですが、早期蛹化してしまった小さい蛹です。
しかし、先日からのブログ記事に書いていました、超高温管理の温度も効き、顎はそこそこ顎膨張遺伝子が乗り、良い感じには腫れ上がっていますね!w

蛹全体をチェックしたのですが、顎ズレを初め、気になる部分が数点あり、無事に羽化出来るかどうか解りませんが、このラインはそこそこ確保出来ていますので、今後蛹化してくる、しっかりと体重の乗った兄弟達が楽しみです。^^
スポンサーサイト

Special space !! 

おはようございます。^^ 最近、ちょこちょこブログの更新を出来る様になりました。
また12月に入ると多忙となる事を予想されますが、成虫は越冬管理になるので、それなりに仕事と飼育のバランスが取れそうですが・・。

今年は時間がなかったので成虫の分譲も出せきっていなく、予約の方を中心に一部は分譲させて頂き、また知り合いのお子さんにプレゼントしたりで少しは減ったのですが、この時期にはもう少し減らして絞込みたかったですw

2010モデルは、特に雌の仕上がりが良かったので、最後の最後まで雌のセレクトで悩みそうですが、セレクト後に分譲を予定していますので宜しくお願い致します。
かなり良い仕事をしてくれそうな極妻級Nipper jawの雌なので期待下さい。^^


DSCN39801.jpg

また、先日ご紹介した前蛹手前のシワ状態のELITE-00(エリート・00)1頭の為に安定した超高温管理が出来る簡易スペースが確保できました。^^v

外気影響を受けることなく、デジタル温度を確認していても、まったく不安がないぐらいに超高温が安定しています。
1頭だからこそ出来る贅沢な仕様ですが、出来たら全ての管理個体がこれぐらい安定した温度管理が出来たらいいでしょうね。

その方法ですが、この画像は床下収納を断熱材で囲んだスペースなのですが、その内部にパネルヒーターを設置し、その上にスノコ、そして成虫を発送する時にみなさん使用されています、簡易クーラーボックスを設置し、その中に飼育ケースを入れて管理する方法で、画像は簡易クーラーボックスのフタを外していますが、実際は換気口の開けたフタをして設置しています。

ベストな温度設定が出来たものの、今回は人工蛹室の為、蛹室内圧力までは再現出来ないので、結果が不安でしたが、実は昨日無事に蛹化しました!w
早熟個体なのでサイズは小さいですが、顎はパンパンで、そこそこ顎膨張遺伝子の乗った個体に蛹化しました。

2011モデル初の雄蛹化ですが、この個体は年内羽化でプレ2011モデルですねw
一発目の個体にすれば幸先の良いスタートになりそうで期待が膨らみました。

まだ蛹化して間もないので、もう少し個体が安定すれば公開しますね。^^

ECO FIRST !! 

おはようございます。 私が住む奈良のやっと本格的に冷え込み出しました。
このまま冷え込みが安定すれば、成虫も越冬管理が出来ますのでエサ交換が不要となり、気分的にも落ち着きそうですw

しかし、先日の前蛹手前のシワ状態の個体ですが、別の簡易スペースで超高温を作っているものの、この冷え込みの影響でなかなか温度が作れてません・・。

一頭の為の特別管理なので、経費節減も考え、パネルヒーターで加温を行っているので限界はありますが、そうこうしている間に蛹化してしまいそうで、そうなってしまうと一番大切な時期のタイミングを逃してしまいますので、試行錯誤しながら、なんとかベストなエコ管理を見つけたいと思います。

そんな小さなエコもありますが、先日研修でエコ・ファースト企業として環境大臣より認定されている某大手企業の滋賀県の近江八幡方面にあるリサイクルセンターを見学に行ってきました。

そこは、不要物を再利用して製品化していくオートメーションの工場ですが、最初の分別の時点は手作業で行う為、想像以上に手間が掛かり、それに関わる全ての方の協力なくして成立はしなく、私たちの小さなエコこそが、大きなエコとなりますので、これからも小さなエコにも意識して、エコ活動をしていきたいと思いました。

DSCN39751.jpg

今日の画像は、その研修が終わってから、研修旅行という事もあり、美味しい近江牛を食べ、琵琶湖の内湖にある水郷めぐりに行ってきましたw

画像では、のんびり季節を感じて楽しんできたかの様ですが、寒かったー!w
この頃にはお酒も入り、船上はおっさんばかりです。
そうなると・・・ いつの間にか話はエコからエロとなり、楽しいひと時でしたw


DSCN39761.jpg

また、水郷めぐりから少し移動し、八幡掘りで紅葉を楽しみ、そこにはバームクーヘンで有名な、あのクラブハリエの本店があり、焼き上がりのタイミングに合わないと、並んでも買えない時は買えない様ですが、なんとか無事に買う事が出来ましたw

購入は、1人3カットまで、しかもその日の内に食べないといけないと言う事もあり、お土産にはなりませんが、お近くに行かれた方は一度立ち寄ってみて下さい。^^

今日はKUWAネタは薄ですが、早起きしましたので、投稿してみましたw
さっ、今日も一日頑張りましょう! ああああああぁ~ 今日の朝も寒っ!w

Preparation in winter !! 

DSCN39691.jpg

こんばんは。^^ 今日は天候も良く、じっくりKUWA飼育ができました。
年末に向け忙しくなりそうなので、今月中には済ませておかないといけない、2011モデルの菌糸ビンの、一部を除くほぼ全ての交換が済みました。

早く交換しないと、完全に食い上がっているビンもあった為、かなり焦っていたのですが、やっとできて、ホッしました。

今期は、オリジナル菌糸ビンが中心となる為、ビン詰めも疲れましたが、特殊な自己飼育の我侭に対応する菌糸ビンの為に頑張りましたよー。

時には深夜に仕事が終わり、深夜から朝まで詰め、仮眠をしてから仕事に行く日も少なく無かったですが、これで結果が出ればうれしいのですがね!

もうしばらく24~25℃で温度管理して、個体を安定した頃の12月Xデーに超高温飼育にスイッチし、2011モデルは、ここで一気に反応するのでワクワクします。^^


DSCN39701.jpg

またこの画像は、前蛹手前のシワ状態だったのですが、居食いしていたELITE-00(エリート・00)のです。 状態に気付かずにビンの交換作業をして蛹室を崩してしまった為、そのまま戻す事も出来ず人工蛹室にて管理となりました・・。

このまま早期蛹化となるので、変身前には超高温管理にしておきたいところですが、この一頭の為に温室温度を変える訳にはいきませんので、別のサブスペースで超高温管理を出来るように温度を作っているのですが・・・ 間に合うかな?w

うまく温度が安定すればテスト飼育してみますが、人工蛹室では蛹室内圧力や湿度も違うので、イマイチ顎膨張遺伝子の効果が乗ってこないでしょうね・・。

2011model ZERO-MAX !! 

DSCN39611.jpg

こんばんは。^^ 多忙により、またまたご無沙汰しており失礼してます。
寒暖の差が大きい今日この頃ですが、朝晩はかなり寒くなったのですが、例年に比べ冷え込みが足りず、成虫の越冬がまだ出来ず困っていますw

この頃には、菌糸ビンの雄が、800ボトルから1400ボトルに交換が済み、同じ本数でもボリュームがいっきに増し、飼育棚を菌糸ビンが占領するので、成虫は早く越冬場所に移動させたいところなのですが・・・

皆さまの地域では如何ですか? 北の方はすっかり冬なんでしょうか?^^
私は、冬の趣味もやっていますので、冬は冬らしく冷え込んで欲しいところですw

今日の画像は、全て2本目に交換が済んでいます、ZERO-MAX(ゼロ・マックス)ですが、2010モデルでヘビーに育ち過ぎ、羽化不全を連発させた反省点をいかし、今期は使用菌糸ビンや飼育タイミング調整により、体重の絞込みに成功しました。

それでも、血統的に最大32gに育った個体も数頭いますので、これからも気を抜く事なく、注意が必要ですが、平均値は安全数値に落とせたので期待が膨らみます!

画像個体こそ、その32g個体ですが、2010モデルの様な過剰栄養で肥大したオシリの水太り個体ではなく、2011モデルは、ご覧の通り、これが本当に32g個体?と思えてしまうぐらい筋肉質の為、一回り小さく感じるのではないでしょうか?

オシリが水分で肥大した幼虫の方が良いのか悪いのか一概に言えませんが、私が行っている超高温管理の場合、全ての工程が短縮されてしまう為、蛹化や羽化の際に伴う水分の排泄期間も短くなる分、そこでかなり負担が掛かっていると考えているので、これで水分の排泄時の負担が軽減出来ればいいのですが・・・

また当方では、早熟個体?飼育ミス?w あぅ。 数頭の個体が前蛹や蛹化してしまった為、うまくいけば近々2011モデルのプレ公開が出来ると思います。

それでは、皆さまも年末に向け忙しくなると思いますが、しばらく寒暖の差が大きく体調も崩しやすいので、風邪などひかない様に注意しましょう。
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
10« 2010/11 »12

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。