スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It digs up RADICAL !! 

DSCN47461.jpg

こんばんは。^^ 先日から連続して、文章をまとめるのが苦手で長文となりましたが、ご質問のメールを頂いてた方にブログで公開させて頂きました。
ブログででも、お答えすると言いつつ長らくお待たせしてすみませんでした。^^

今日は、帰宅後、ブリードルームに入り、温室のスペース確保の為、温室の中のメスをホリホリしましたが、予定通りほぼ羽化してくれていました。
しかし、予備の飼育ケースが見当たらず、15本ほど掘ったところで足りなくなってしまったので、また次回掘りたいと思います。
スペースを確保出来ましたので、そろそろ交配のスタンバイをしたいと思います。

今日の画像は、その掘り出した2011モデルのRADICAL(ラディカル)メスです!
なかなか良い感じ仕上がっていますが、RADICAL元親系となる、荒削りのBILLET(ビレット)っぽく極妻ですので、極太作出、計算式によると・・・(笑)
【極×極=羽化不全多発】の可能性が高く、セレクトするオスに注意が必要です。

来期の話となりますが、残念ながら、この子は爆産できない子で、元々多くは採れないので、リスキーなチャレンジですが、極オスと交配して、少し採るとしますw
Top secret of breeding !! (トップシークレット オブ ブリーディング!!)を読んで頂いた方なら、元々なぜ多くは採れないのか分かりますよね?^^
この様なメスには、フォローするメスもセレクトしておかなければいけません。
スポンサーサイト

Top secret of breeding 3 !! 

DSCN24491.jpg

皆さん、こんにちは。^^ 今日からGW突入ですね! 長い方は10連休ですか?
いいですねー! 私は、暦通りの飛び石連休ですが、休めるだけ有難いですね。

先日の記事に続き、今日は私の行っている超高温管理という特殊な管理方法に対応するフィニッシュボトル(当方ではセカンドボトル)についてお話します。

まず、私の使用している添加剤は、テスト中という事もありレシピは非公開ですが、当方の管理上、フィニッシュボトルは、数ヶ月に渡り超高温飼育に使用する為、添加剤を使用しすぎると劣化を早めてしまいますので、あまり多くは使用していません。

フィニッシュボトルでは、菌糸を扱うショップさんがオリジナル添加剤として色々販売されていますが、その様なバランスの良い添加剤で十分だと思います。

劣化に強くするには、添加剤は使用しなくていいぐらいですが、24~25℃で菌をまわしても、ガンガンに硬く詰めた場合、菌糸の回りが悪くなるので、ブレンドした添加剤を1ブロックにつき10g程度使用する事で、菌糸の回りが良くなります。

それでは、なぜガンガンに硬く詰めるのか? それを説明するには、オガの粒子の話になってしまいますので、今回は簡単に説明させて頂きますが、私は一般的に栄養価が高いと言われているクヌギは水が湧きやすく劣化が早いので、フィニッシュボトルには、主としてブナの粗めのオガ(チップ混)を使用していますので、それぐらい硬く詰めないとビン中に空気を多く含み劣化を早めてしまうからです。

しかし、微粒子などを多く含むオガを使用した場合は、硬く詰めすぎると酸欠になりやすいので、使用する菌床と飼育環境にあった最高の詰め具合を探して下さい。

詰め具合は、キッチンスケールで重さを量りながら、数種類の詰め具合の異なるビンを作って、一度テスト飼育してみれば見えてくると思います。

また、菌糸の水分量もとても大切で、その水分量で幼虫が作る蛹室の角度も変わってくる事が多く、平坦な蛹室より、ある程度、傾斜角度がある蛹室を作って羽化した個体は、極太個体でも羽化不全が少ない様に思います。
しかし、羽化不全の原因は、色々あるので、菌糸ビンだけでは解決できません。

ここで言った羽化不全とは、蛹室内での事故的な羽化不全の事と理解下さい。
水分量は、多すぎても少なすぎてもダメですが、水分が飛び、乾燥した菌糸の場合、平坦な蛹室を作る幼虫が多く、壁もパラパラして蛹室内は不安定な状態です。

それとは逆に、クヌギのオガなどにみられる水分が湧いくるといった劣化の場合も、平坦な蛹室を作る幼虫が多く、その場合は、羽化が近づくと徐々に体液を排出していくのですが、その水分が菌糸に吸収されず、蛹室内に溜まり、羽化の切っ掛けを作る、とても大切な役割の小盾板あたりが、常に濡れた状態となり良くないです。

そういう意味もあって、羽化頃まで最適な菌糸の水分量を保てる様に、ボトルのフタ穴のサイズにまで拘りがあり、通常より若干小さめの穴のフタを使用しています。

菌糸の世界もとても深く、レシピの組み合わせで、いくらでも自分の飼育環境にあった菌糸ビンを作る事が可能で楽しい部分でもあると思います。

私は、オリジナル菌糸ビンを販売する予定もなく、皆さんに詰める楽しさも知って頂きたいだけですが、実際のところ自分で詰めるという作業自体簡単ですが、時間と場所と私の様なアラフォー世代にはきつく、かなり体力を必要としますw

時間がなかったり、環境的にも自分で詰めるという事が出来ない方は、自分の飼育環境に合った市販のビンを見付けるのも楽しく、また市販のビンは、一種類の菌糸ビンで各ステージを対応する様に考えられたビンなので、勉強にもなると思います。

『いやいや、クワガタ飼育は、各ステージで目的が全く違うので、やっぱり目的に合わせた拘りの菌糸ビンで飼育したい!』という方は、多少高く付きますが、自分の好みに詰めて頂ける、有難いショップさんを利用するのも手だと思いますね。^^

また、市販の菌糸ビンは、初令から投入して大きく育つ様に、栄養も十分に考えられている為、当然劣化も早くなりますので、それを超高温飼育でのセカンドボトルとして使用した場合、そのままフィニッシュまで引っ張るのには若干無理があり、プラス1本が必要で、その場合は、飼育数が多い方だと、大きく経費が変わります。

今回は、フィニッシュボトルを中心に書きましたが、これがファーストボトルになると、管理温度も違い、初令から投入する為、栄養が中心のレシピとなります。

しかし、栄養ばかりに拘ると過剰栄養になって、体重は乗るが、水太りになり、糞は下痢っぽくなってしまい、ステージが進むと暴れが多発するなど・・・

ですが、その様に暴れが発生し、その暴れによって水分を排出できれば運が良い方で、最悪場合、そのまま蛹化にスイッチが入ってしまうと、蛹化の時には、余分な水分を排出しながら蛹になりますが、その排出する水分が多すぎると負担が大きいようで、蛹化途中に、そのまま落ちるというリスクも伴います。

自分の飼育環境や飼育方法に合った良い菌糸ビン出会うと、同じ体重でも一回り小さく感じるぐらいの筋肉質な三令幼虫になり、また、その様な幼虫は、内臓も健康で消化器官も優れ、バクテリアを多く含むコロコロとした良い糞をしてくれます。^^

ファーストボトルでは、1頭でも多く、その様な幼虫に育てる事が課題となり、フィニッシュボトルより深く難しいと思いますが、楽しみながらやっていきたいと思います。

長くなりましたが、菌糸ビンは自分の飼育環境に合わせるのが一番だと思います。
今回の記事が正解でもなく、これは私の飼育に合わせたテスト結果なので、そこを理解して頂き、もしこれから挑戦してみようという方の参考になれば嬉しいです。^^

Top secret of breeding 2 !! 

今日の記事は、かなり長くなりそうですが、先日の記事に引き続き、よく質問を頂く温度管理についてですが、今までは研究中だった為、オープンにしてなかった事も、今回初めて公開する事によって、この趣味の深さを知って頂き、また興味ある方には参考にして頂いて、低迷しているこの世界がもっと盛り上ってくれたら嬉しいです。^^

『私は顎の太いオオクワガタがカッコよく大好きだ!』という方は、その遺伝子を所有する血統個体を手にする事が一番の近道だと思いますが、ここからの話しは、その様な血統個体を手にされたとして、それを前提にお話します。

私は、ブログ内でよく超高温管理と表現していますが、まずその飼育を始めた切っ掛けはAKO-ART-DIRECTORのTさんから、その様な飼育方法をお聞きした事が切っ掛けとなりましたが、Tさんから、お聞きした事は、シークレットな部分もあるかもしれませんので、私からは差し控えさせて頂きますが、それを自分なりに理解し、自分に合った超高温管理を試行錯誤しての研究結果を公開したいと思いますが、これが完全に確立した方法ではありませんので、ご理解の元に参考にして下さい。

なぜ直ぐに、その様な特殊な管理方法を導入したのかは、もちろんTさんを信頼しているからという事も大きいですが、以前から高い温度帯で管理している個体に、好みの形状の極個体が多く出ていると感じていたからです。

その飼育を行ってみて、その効果は、顎痩せを少しでも多く防止をして、スペックを上乗せする事が出来たり、またエッジが立たない丸顎の表現や、短い顎に仕上がり、私好みの太短い顎を表現出来るなど、色々あります。

しかし、その様に表現をできる血統個体は、超高温飼育でなくても、通常の飼育でも十分に表現は可能だと思いますが、私たちが楽しんでいる趣味は完全人工虫の作出と考え、この趣味を真剣にやっている方は、皆さん究極のモンスター個体の作出を夢みて、それぞれに人とは違う何かの工夫をされていると思いますが、それによって、凄まじい個体を作出できた時は、喜びもひとしおではないでしょうか?^^

私の行っている超高温管理とは、そのひとつだと理解して頂けたら嬉しいです!

前置きが長くなりましたが、決して大切な個体を虐待している温度帯ではなく、超高温と言いましても、エアコンで温度管理をされていない方など、夏場によく経験されている30℃という危険温度の壁があると思いますが、冬場にその温度帯を表現するので、超高温と表現していますが、実際は想像を絶する温度帯ではなく、色々試した結果、私の住む関西では、29℃辺りが一番適していると考えています。

その温度は、同じ関西で、リンクの阿古谷の森さんも高温管理をされていて、既にブログで確立された管理温度を29℃と公開されていましたね。^^

それは、今から考えると、昔にAKO-ART-DIRECTORのTさんも、関西なら28~29℃辺りが良いのではないかと、おっしゃっておられた事を思い出しましたが、自分でも色々試し、納得した温度が29℃辺りになったというのは、あの時に私の住む地域から気象台データで分析されたTさんは流石ですね!w

また大切なのは、その超高温管理に、いつスイッチするか? そのタイミングが重要で、それは血統によって時期は異なり、既に蛹化した個体に温度を掛けても最速で羽化するだけで、あまり効果的ではないと私は思います。

理想はビンの中の幼虫の状態が見え、前蛹になったな~と分かれば、そのタイミングで行えばリスクも少なく一番良いと思いますが、期待の個体ほど、居食いしていて菌糸ビンに窓が開かない場合が多いので、いつそれが起こるかを、1本目のビン交換の際、幼虫の状態を確認し、蛹化時期の山を張るしか方法はありません。

その為には、毎年の通常の飼育管理データで、その血統の蛹化のタイミング時期を知り、血統の癖を理解した上で行わないと、闇雲に行っても、その血統を根こそぎ落としてしまったり、大量にセミ化した幼虫を生産してしまう恐れがあります。

実際この方法は、冬場に多量の電力を使い、こんな電力不足で大変な時に、そんな飼育が出来ないと言う方も多いと思いますが、しかし、その温度帯は、嫌でも夏には簡単に作れてしまいますので、ブリードの時期を調整したり、上手に蛹化時期を夏までひっぱる事が出来れば、不可能ではないと思いますので、これをヒントに皆さんの研究で、時代にあった、より良い飼育方法を見付け出して欲しいと思います。

予想以上に長くなってしまいました。 すみません・・。
次回は菌糸ビンについてでも話そうと思いますので興味ある方はご覧下さい。^^

Top secret of breeding !! 

こんばんは。^^ 今日は晴れましたが、週末は春の長雨で菜種梅雨っていうんですかね? この時期にブリードを開始されている方にとっては恵みの雨でしたね。

また、AKO-ARTのTさんも体調がよくなって、ブログに復活されましたね。^^
お帰りなさい。 待ってましたよ!w 良かった。 良かった。

私は、この時期に良く質問のメールを頂く内容は、メスのセレクト方法についてが多いので、今日は私なりに行っている方法を少し公開したいと思います。

先日のAKO-ART-DIRECTORのTさんの記事でも書かれていましたが『補の配合』で、種親に選んだオスの足りてない部分を補うメスを選ぶと言うことですね。

これは数値ではなく、感覚とセンスの部分になると思いますが、例えば、顎に厚みを足したいなら、血統内でどれよりも顎に厚みのあるメスをセレクトしたり、アウトラインに挑戦するなら厚みの出る血統のメスを手に入れ新ラインで勝負したり、顎の形状は満足しているが、オシリが長くバランスが悪いオスなら、オシリの小さいメスを選ぶなど、言い出すとキリが無いですが、その補う部分が多ければ、それをクリアーしているメスは、そう多くなく、沢山メスがいても決まってきます。

次に健康状態ですね。 エサ食い、糞の状態、顎欠けなど・・・ フセツ切れもよく質問頂きますが、これは後ろ足が2本ともフセツ切れした個体をセレクトした経験がありますが、爆産していたので問題ないでしょう。^^

最後にそのメスが産んでくれるかです! 期待のメスに沢山産ませるのは苦労します、それを、どうしたら見分けられるかですよね?

私は、以前にも何度かブログ内でヒントはお話していましたが、公では話した事がなく、また、その事を他の方のブログの記事でも拝見した事がなかったので、その方法を公で話すのがタブーなのかと思い、あえて記事にはしていませんでした。

なぜタブーと思ったのかと言いますと、きっとトップブリーダーの方の中では当たり前に行われていると思いますので、これをお話する事で、トップブリーダーの方から高額の成虫を購入して、産まなかったり、極端に産卵数が少なかった場合、産まないメスを回されたなど、誤解があってはダメだなと思ったからです。^^

実際、私も以前に高額のペアを購入して、産まなかった経験がありますが、そのブリーダーの方を信じて気に入った個体を譲って頂いたので、産まない事は残念でしたが、自分の目標にする個体を間近で見て飼育できた勉強代と考えましたね。^^

相手は生き物ですので絶対はなく、産まないのには色んな原因があると思いますが、成虫を購入する場合、きっちり初令から幼虫飼育データを取っている方で、良心的なブリーダーの方から成虫を購入する事で、ひとつ安心は出来ると思います。

私は、ギリギリのヒントしか言えませんが、成虫で見分けるのは不可能です。
ヒントは、1本目のビン交換の時、体重が乗り、メスの見分けとなる卵巣も有無もよくわからず、羽化してくるまでオスかと思った!と、いう様なメスは、いくらサイズは大きくても、産卵数は望めない事が多いと思います。^^

もう答えを言った様なもんですが、勘の良い方なら、わかりましたよね?w
今まで、そこをスルーしていた方も、今年はその辺もビン交換の時にデータを取っておくと、種親をセレクトする時かなり役に立ちますよ。

最後に、もう一度言いますが、この方法でも、相手は生き物なので絶対はなく、産まないのには色んな原因がありますので、良い条件だけを整えて、後は神頼みですw

Tax increase of crisis !! 

DSCN47261.jpg

RADICAL 2011 model Glamorous muscle jaw

DSCN47221.jpg

Specs 全長72.5 顎6.3 基部6.9~

DSCN47231.jpg

東日本大震災から一ヶ月以上も過ぎましたが、地震も原発も納まりませんね・・。
どうかこれ以上の被害にならなく納まり、復興だけに集中したいものです。

私が住んでいるのは奈良で、関西地方の為、計画停電もなく、今のところ普段通り生活をしているのですが、こちらでも震災後の経済への打撃を強く感じだし、厳しい状況になってきましたが、復興の為にも頑張らないといけませんね。

そんな気持ちで、皆がひとつになって頑張ろうと考えている時に、国のお偉いさんが考えた事とは、消費税を期間限定で増税して財源を確保しようとしています。

この日本の危機で、増税は仕方ないです。 それは国民も理解するでしょう。
しかし、このタイミングでの増税は本当に正しい方法なのでしょうか?
経済の安定を先送りにして、増税だけを国から告げられても、企業も国民も何をどう頑張ればいいのか先が見えなくなりますね。

経済の安定には時間が掛かり、それまで待てないので緊急対処であったとしても、人としての感情で、増税や、子供手当ての廃止などをする前に、まず最初にする事は、あなた達、議員の減給から始まり、議会に出席しても、意見すら出来ず、暇で居眠りできるぐらいに、どうみても無駄に多い議員の数を減らすなどの、政治、行政システム変更をすれば相当な財源が生まれませんかねー!?

さて、話は変わりますが、皆さんのブログを拝見させて頂いても、もうすっかり交配は済まされ、大きな期待を込めて産卵セットにメスを投入された記事を読んでいると、少々気持ちは焦りますが、私はまだ交配も行っておりません。

特に作戦がある訳ではありませんが、管理スペース関係でメスのスイッチ工程が遅れた為、メスの蛹化状況を確認してから、使用個体を越冬明けさせたました。
GW頃には、かなりのメスが羽化してくる予定ですので、スペースが空き次第、温度と湿度調整して今期ブリードを開始したいと思います。

今日の画像は、またまた私好みのRADICAL(ラディカル)が羽化しました!
本当に、この血統の極率は凄く、極個体の完品率が高いのが何より嬉しいです。
形状の固定化も凄いので、同じ個体の画像を公開している感じですよねw

また、今回のプレ企画、虫友の輪ッ!で、大変お世話になりました阿古屋さんのブログ■国産大鍬 夢・・・理想の大鍬を求めて・・・■をブログリンクに貼らせて頂きました。^^

It ended safely !! 

DSCN47071.jpg

おはようございます。 先日行われました、阿古屋さんと、rokkoさん企画、虫友の輪ッ!のプレ企画も無事に終わりましたね。^^
企画者のお二人様は本当にお疲れ様でした。 私も協賛者して参加させて頂き、楽しませて頂けましたが、その上、希望の景品に当選を選んで頂けましたー!!

その景品とは、企画者阿古屋さんの大人気の協賛品、旬の食材フルーツバージョンとの事で、旬のフルーツとは何だろうと、凄く楽しみにしていました。^^
それは皆さんもきっと気になっていらっしゃるでしょう~ いひひw

ワクワクしながら待っていたところ、日曜日に届きました!
その景品とは、なんと!果物の王様こと、高級なクラウンメロンいうマスクメロンが2個、もちろん庶民の私は、そんな高級フルーツを食べた事はありません。^^

阿古屋さん、本当に良い物をありがとうございました! 狙っていた方すみません。

私の協賛品も、この週末には当選者の方に無事到着し、喜んで頂けました事を、ここに報告させて頂き、今回のプレ企画を開催して頂けた、阿古屋さん、rokkoさん、また参加や応募頂いた皆さん、どうもありがとうございました。

今日の画像は、その頂いたメロンを撮りたかったのですが、私は撮影が上手ではなく、高級のメロンが写りが悪くなってはいけないので、別ネタで・・・w

そろそろ先日公開したZERO-MAX(ゼロ・マックス)の羽化状況を公開したかったところですが、羽化のスイッチが入る前に落ちてしまいました・・。 残念!!

最近、当方では不調が続いていますが、リンクでお世話になっています、阿古谷の森さんや、AKO-ART-DIRECTORの飼育仲間Mさん、そしてご近所のDorcus SlopeUpのSさんや、また、残念ながら落ちたようですが、ジョージさんのところでも、凄い個体が・・・ 皆さん今年も凄まじい個体を作出されています!

私も、痛々しい画像ばっかりもイヤなので、越冬明けさせましたRADICAL2010モデル(右)と、今年羽化した2011モデル(左)を並べて、やっと撮影できました。

RADICAL(ラディカル)の形状の安定をご覧下さい! そっくりでしょ?w
しかし、微妙に違い、スペックでは、2011モデルが勝っていますが、私は、スペックより、全体的なバランスが整っているグラマラスな2010モデルが好きですw

今期は、この形状を崩さないようメスをセレクトし、2011モデルの使用の時は、このスペックを守りつつ、バランスよく仕上がるように、メスをセレクトしたいと思います。

It digs up ZERO-MAX !! 

DSCN46592.jpg

ZERO-MAX 2011 model Expansion DNA Jaw Chrysalis !!

DSCN46581.jpg

こんばんは。^^ 昨日は、羽化不全で落ちたZERO-MAX(ゼロ・マックス)を公開しましたが、今日も帰宅後、気になるZERO-MAXを掘ってみたところ、またまた顎膨張遺伝子がガッツリ乗った、パンパンの顎をしたモンスター級の蛹です!

このラインは去年も凄かったですが、今年は更に凄い!!
しかし、モンスター級の極率も激しいですが、羽化不全も激しい・・。 (ノ△<。) あぅ

多少の羽パカなんて、文句言わないので、どうか無事に羽化して欲しいもんです。

この個体は、最終体重も31.5gとヘビー級でしたが、無事に羽化したとすると、70ちょいほどになるのではないでしょうか? さほど大きくないサイズです。

データ表を確認したところ、暴れた記録もなく、最終体重31.5gで、このサイズはびっくりしましたが、体液の殆どが顎に反映されたのでしょうか?(笑)
羽化も間もない感じですが、難ありの蛹なので、不全は避け切れない感じです。

Marvel !! 

DSCN45761.jpg

ZERO-MAX 2011 model Expansion DNA Jaw !!

DSCN46301.jpg

Spec 全長計測不可 顎6.6mm 基部7mmOver 左顎厚5.5mm

DSCN46361.jpg

おはようございます。 東北地方はまだ余震が納まらず、大変な生活の中で更に不安が高まり、精神的にも限界でしょうね・・。
心細いと思いますが、命ある事に感謝して、その命を無駄にしないで欲しいです。

話が変わりますが、虫友の輪ッ!のプレ企画イベントも昨日をもって応募受付が締め切られましたが、当方も協賛させて頂いたものの、応募がなかったら寂しいなと思いながら協賛しましたが、沢山の応募頂いた事にこの場を借りて感謝します!!

私も、ちゃかり応募させて頂きましたが、当選発表は4月10日のようなので、皆さん楽しみに待ちましょう。 神様~ rokko様~ 宜しくお願いしますw

しかし、当方の協賛個体の中で、SHIFT(シフト)のメスが一番人気だった事も、これから仕上げていく長い道のりのモチベーションが上げる事ができて嬉しいです。^^

RADICAL(ラディカル)のメスのみ『※当方親級』と明記しなかったので、応募がなかったのかしれませんが、今期羽化のRADICALも有望メスの在庫がなかった為、二軍のメスを使用しましたが3月15日記事の個体を作出しましたので、もし二次抽選で当たられた方がいらっしゃったらご安心下さい、きっと良い仕事してくれると思います。

また、今日の画像は、先日公開したZERO-MAX(ゼロ・マックス)の蛹が羽化しました。
残念ながら落ちましたが、参考の為に計測したところ、基部ではない顎幅(クワ若葉1ですかね?)が6.6mm 左顎の厚みが5.5mmと驚異的なスペックでした!

異常なまでの顎の為、顎が太く見える様に画像加工をしているんではないかと疑惑が浮上しそうですが、その様な加工は一切行っていませんのであしからず。
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
03« 2011/04 »05

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。