スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KUWA Legend !! 

皆さんこんばんは。^^ 今日は晴れましたが、明日からしばらく雨の様です。
さて、私は久々にブログに登場でご無沙汰しています。^^

前回の記事の通り、メインPCが不調で、結局修理する事にしました。
オークションで、ジャンクPCを落とし、良いとこ取りをして組み換えしてみましたが、ジャンクPCの液晶パネルもバックライト切れで、薄っすらしか表示しません・・。

バックライトも自分で交換しようと思ったのですが、少々コツがいる様なので、お安くして頂けるショップさんを見付けたので、そこに依頼しました。
問題なく修理が終われば、来週には快適に作業を行えそうです。^^v

KUWAネタの方ですが、リンクの阿古谷の森さんのブログに非常にわかりやすい様にまとめられた都市伝説?というかクワガタ伝説というタイトル記事を興味深く読ませて頂いき、こういう世界には賛否両あるとは思いますが、私は自身の飼育と比較して同意する事が多かった分、今後この飼育を安心して追求していけそうです。^^

コメントをさせて頂いたのですが、うまくいかずメールでやりとりさせて頂きましたがw

自分の飼育スタイルというのは、皆さん独自の研究や経験で作り上がっていくと思いますが、それが本当の正解なのか、また、その飼育に自信を持って行っていても、もっと良い方法があるのではないか、など思う事はあると思います。
その様に思う中で、今回の阿古谷の森さんの記事はとても参考になりました。^^

その記事の中から少しネタを頂いて、配合で遺伝率を考えるには 『♂から形、♀からはサイズを遺伝する。』 と言うのは私も誤りと思います。

ある意味♂から形というのは間違っていませんが、実際は♂の種が遺伝に大きく影響するのではなく、遺伝させたい形状の♂の同腹の♀ラインで配合するのが、理想の個体を作出するにあたっての近道になると考えています。

当方のホームページで公開しています、BILLET-X(ビレット・X)も、その理論から考えての配合で生まれた血統となっています。^^

また、阿古谷の森さんが言う様に 『別の♂を追い掛けしたら、追い掛けした方の♂の方の特徴を受け継ぐ。』 と言うのも本当で、ある生物学者さんの記事で読んだ事がありますが、追い掛けした別♂は、それまでに交尾を終え、♀の体内に持っている精子を交尾しながら掻き出す機能がクワガタにはあるそうです。

んー。 何か私のクワガタ伝説がないかな~(笑)
交配前に、使用するペアを近くに置いて管理すると交配の失敗が少ない。

これは、本当です! そうする事で、そのペアが交尾に適した状態に意識が高まり、♂♀共、飼育ケースの通気口に向かって糞をする様になると準備はOKですね。^^

それは、きっとその糞に含まれたフェロモンか何かで相手を誘い、交尾意識がお互いに高まっている状態なので、環境(温度・湿度)さえベストであれば、交尾を行うまでの時間を短縮し、♀殺しや、♂のフセツを切られる様な事故も起こりにくいです。

その方法で交配を行うと、交配期間は5日間もあれば十分と考えています。
交配前に、飼育ケースのフタの裏に付着した糞を確認してから配合下さい。
この時期は、嫌がらせか!と思うぐらいにフタの裏ばかり汚れているはずです(笑)
逆に、フタの裏が糞で汚れていないと、交配には準備不足だという事ですねー!

是非、皆さんの KUWA Legend もお聞かせ下さい。 ^^
スポンサーサイト

CP crash !! 

DSCN39561.jpg

おはようございます。 私の住む奈良は、昼は暖かく、朝晩は冷え込んでいます。
しかし、温室内は温湿管理を行っていますので、産卵セットは順調そうです。^^

最近、ブログ画像の使い回しが多いですが、マイノートPCの液晶パネルが表示しなくなり、今はサブPCでの作業を行っているのですが、古い機種なので、画像UPやHPの更新が面倒な作業をしなければいけなく苦労しています。(ノ△<。) あぅ

OSがXPですので、そろそろ買い替えも検討してもいいぐらいなので調べていると、当方のHPはIBMのホームページビルダーというソフトを使用して自分で作成したのですが、ホームページビルダーは、Windows7は未対応との事なのです・・。

私は、PCに詳しくないので、良く分からないのですが、Windows7でホームページビルダーの互換性のあるソフトをご存知の方がいれば教えて下さい。^^

でも新調すれば、初期設定などの作業があったりと、そんな作業でさえ不慣れな私にはストレスなので、修理してしばらく、そのまま使いたいのが本音ですが・・・

それって、うちのオヤジが携帯電話の機種変したら、また慣れるまで時間掛かるからと、docomoのmovaのサービスが終わるギリギリまでFOMAを利用せず、movaを利用していた事を、散々バカにしてましたが、それと変わらないですねw

HPやブログの更新は、この趣味のプラスアルファな楽しみですが、いざ個体や飼育公開を始めると、マクロ撮影1cm可能なデジカメも欲しいし、Wi-Fi機能の付いた最新のプリンターも欲しいし、充実した飼育部屋も欲しいし、欲しいもんがいっぱいw

実物は、もっとカッコいいのになー! もっと上手に撮れたらなー!って、お気に入りの個体を作出した暁には、誰もが一度は思った事があるでしょうね。^^

It starts by 2011 breeding !! 

DSCN36681.jpg

おはようぎざいます。 当方の今期産卵セットもスタートしました!
画像は、以前に撮影したGLAMOROUS仕様の産卵セットですが、今期もまったく同じ仕様で、ファーストコロニーのセットを組みました。^^

当方の産卵セット仕様に使用する産卵木は、高級なA材は特に選んでは使用せず、A材寄りの良い材も混ざってはいますが、基本的には芯のあるB材をあえて選んでいますが、それは経費節減だけではなく、別の理由があります。

B材は芯がある事でバラバラになりにくかったり、また孵化した初令幼虫は朽ちくした材を食し、どんどん産卵木内を食い走りますが、芯がある事で、それ以上奥に進めなくなった幼虫は、産卵木からこぼれ落ち、下に敷し詰めた発酵マットに落ちる事で、早い段階から栄養たっぷりの発酵マットを与える事が出来るからです。
また、そうなる事で、割り出し中に幼虫を傷付ける様な事故からも回避できます。

また、画像をご覧頂いた通りに、当方のマットは2層構造で、下層に発酵マットを硬詰めし、上層に埋め込みマットを使用しています。

上層の埋め込みマットは、Mサイズの産卵木を寝かせて使用するなら、特に必要ないかもしれませんが、産卵木の安定性や、乾燥防止、また、ブリードルームに人の出入りがある為、♀に集中して産卵を行ってもらう為に埋め込んでいます。

以前は、全て発酵マットで埋め込んでいましたが、産卵木からこぼれ落ちた幼虫は、ほぼケースの底に行きますので、上層に発酵マットはもったいないと判断し、経費削減の為に埋め込みマット変更して産卵セットを組む様になりました。^^

Breeding environment making !! 

DSCN25141.jpg

こんばんは。^^ 今日も飼育日和の良い天気でしたね。
早い方なら、もう割り出しどころか、菌糸ビンに投入されるぐらいでしょうね。

私は、今期♀の羽化が遅れた為、スペース的に結構のんびりのスタートとなりますが、うまくいけば明日にでも産卵セットに♀を投入したいと思います。

今は、続々と交配を行っており、先日から天候が雨続きだった為、湿度の心配は必要なかったのですが、昨日ぐらいから晴れとなり、それがしばらく続く様なので、去年にも紹介しましたが、消音式のタブルエアーポンプ、俗に言うブクブクで、水槽内の細かい気泡が弾ける時に蒸発しやすくなり、温室内を加湿しています。

皆さん、湿度作りに色々工夫されていますが、前に教えて頂いたのは加温ヒーターの上にスレンレス皿に水をはって設置し、加温する時の熱で水が蒸発し、加湿するという一番無駄のない良い方法ですが、この時期はヒーターの稼動があまり行わなくなる為、エアーポンプを稼動させ、50%だった湿度を90%まで作り上げました。

湿度50%もあれば十分産む♀なら問題ないですがね。 念には念を・・・^^

New challenge breeding !! 

DSCN41491.jpg

GWが明けて数日経ちますが、今週は多忙な方も多いのではないでしょうか?
私は、疲れがMAXだった様で、今日は帰宅後記憶がなく寝てしまっていました・・。

しかし、週明け辺りからブリードには最適ですが、雨が多くかなり蒸し暑いですね!
5月でこれだったら、真夏はどうなるのでしょう・・・

先日、AKO-ART-DIRECTORのTさんのブログで紹介されていた、数千頭に1頭でるか出ないかの貴重なメスが、当方にも存在していまして、産卵の大仕事を終えた後、落ちてしまいましたが、そのメスが残してくれた個体が今日の画像の個体です。
やっぱり、あの特徴が出たメスは半端なくパワーのある遺伝子ですね!(笑)

話が変わりますが、当方でも、悩みに悩んだ後、先週末より、今期のブリードが始まり、今のところ順調に行われている様子です。
また、HPから種付きメスを購入頂いた方、誠に有難う御座います。^^
今のところ、順調に進んでいる様なので、もうしばらくお待ち下さいね。

今期の配合で一番悩みましたのが、ハイレベルな個体の羽化不全を連発してしまったZERO-MAXのセレクトです・・・

色々悩んだ結果、前期は体重の絞込みを行いましたが、結果的には不全を多発してしてしまったので、今期は、前期の種オスが元気な間にリターン配合する事にして、羽化不全のリスクを下げる為にメスのランクをあえて落としました。
ZERO-MAX-Rとして、羽化不全を解消してくれたら、このラインは最強です。^^

本当は、もう1ライン保険で、極メスを使用したラインも残したいところですが、血統が持つ可能性こそ知れましたが、無事に羽化させてなんぼの世界なので、蛹落ちや、重度の羽化不全落ちはもう辛いです。

また、前期は新ラインの配合を行わなかったので、楽しみの1つが無くなった感じになりましたので、今期は新ラインの配合も実施しましたので、飼育のオーバーフローも心配ですが、OUT-LINEなくして、BRAND NEW STYLEは望めないので・・・

OUT-LINEも補う部分を意識し、また形状のバラツキを抑える為にも、その辺りも慎重にセレクトし、イベント虫を極力出さない様な、New CHALLENGEを行いました。
しばらくは裏血統として管理し、その時がくればドーンと発表したいです!(笑)

Imago breeding case !! 

DSCN47771.jpg

2011 model ♀専用飼育ケース

DSCN47781.jpg

指でプッシュすると、ワンタッチでフタが浮き上がり、開ける事が出来ます。

DSCN47801.jpg

おはようございます。 今日ご紹介するのは、今期羽化したメスの飼育ケースに採用した、某100円ショップの食品保存用容器です。

先日、数ケース購入してテスト飼育していたのですが、とりあえずは脱走もなく、良い感じなので、数店舗回って、ごっそり購入しました。
ご紹介しておいてなんですが、私の周辺の100円ショップは、売り切れているはずなので、しばらくお待ち下さい! すみません。

この商品は、100均では珍しく国産工場で成型されているケースなので作りも良く、上の画像の通りワンプッシュでフタを開ける事が出来る為、沢山飼育されている方なら面倒なエサ交換時のフタの開閉がかなりスムーズに行えます。

私は、上部に4~5mmの通気穴を加工して開けただけですが、当方はペーパー飼育を行っている為、小バエが居ないので大丈夫ですが、マット飼育されている方なら、もう少し深いタイプもあるので、それを使用して上部に7~8mmの通気穴開け、タイペストシールを貼れば良いかもしれませんね。

クワガタ飼育用に考えられたケースではないので、脱走の可能性も考えられます、ご理解の元に参考にして下さい。^^
ちなみに私も、次期種メスのセレクト後、親として残す種メスは、もしかの為にも以前から使用しているネジ式の飼育ボトルに引越しさせます(笑)

Imago booth update !! 

RDICAL_kanban1.jpg

こんばんは。 寝込んでいる間にGWも終わってしましましたが、今日の夜になってやっと本調子が出来ました。(ノ△<。) あぅ
まぁ、仕事に影響しなくて良かったですが、なんとなく不完全燃焼感が・・。

病み上がりに、元気が出てきたからと言って夜更かしはダメですが、休み中にやっておきたかった1つでもある、種付き♀の分譲のUPを、先ほどHPのIMAGO BOOTH(成虫分譲ブース)にUP完了しました!!

分譲血統は、当方の極厚血統 RADICAL(ラディカル)と、BILLET-X(ビレット・X) そしてAKO-ART-DIRECTORさんとのコラボ血統 SHIFT(シフト)の3血統です。^^
数に限り御座いますので、興味ある方はご覧頂き、早めの予約をお願いします!!

※当方HP入り口 こちらをクリック下さい→■GLAMOROUS HP■

Neighborhood gossip !! 

DSCN43081.jpg

皆さんこんにちは。 今日でGWも終わる方も多いと思いますが、週末まで休みという方の方が多いのでしょうか? ラストまで楽しんで下さいね。^^

私は今日が最終日で、ブログもしばらく放置していましたが、どかに出掛けてた訳でもなく、連休初日から風邪で寝込んでいました・・。

GW中にしたい事が沢山あっただけに、寝込んでしまって残念でしたが、昨日は何とか回復して、相互リンクさせて頂いております奈良のDorcus SlopeUpのSさんと、三重のほぉ~じぃハウスのHさんとで、あるインセクトショップさんでお会いする予定をしていたので参加できて良かったです。^^

Dorcus SlopeUpのSさんとは、何度かお会いした事があり、いつも楽しい話題をお話して頂き、気さくな方なので場が明るくなります。^^
毎年素晴らしい個体を作出されながらも、それに満足する事なく、向上心が大きく、高い理想をお持ちで素晴らしいと思います。

三重のほぉ~じぃハウスのHさんは、私より一回りぐらい若い方ですが、意外にこの世界は、その年代が少ないので、若いパワーで盛り上がて欲しいですね!
Hさんとは、今回初めてお会いさせて頂いたのですが、気さくな方なので初めて会ったという感じがしなかったです。^^
今回は、お誘い頂き、また奈良までお越し頂いて有難う御座いました。

話題は、やはり阿古谷の森さんが、先日公開された、本命くんこと、あの個体で話は盛り上がりましたね!! 今回、阿古谷の森さんもお誘いしたのですが、お仕事の都合で参加出来なかったので、また別の機会に是非お会いしたいですね。

もう皆さん拝見されたと思いますが、まだ拝見されてない方は是非ご覧下さい!!
■阿古谷の森飼育日誌■より、本命くんの全体像記事

また先日、阿古谷の森さんより、コラボもお話も頂き、とても嬉しかったです。^^
実現すれば、関西発のパワーある個体が作出できるかもと夢は広がりますね。

同じ趣味を楽しむ者同士ですが、皆さんそれぞれ独自の飼育方法と拘りを持って楽しんでいるので、この様な場で得れる情報は多く、勉強になりますね。
皆さん仕事をしながら、空いた時間はKUWA飼育に家族サービスと忙しい中、中々お会い出来る機会が少なくなりますが、この様な時間も大切ですねー!

6月にうまく予定があえば、AKO-ART-DIRECTORのTさんともお会い出来るかもしれませんので、そちらも楽しみにしています。^^
| HOME |


 calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04« 2011/05 »06

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。