スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Humidity adjustment technique !! 

DSCN25081.jpg

こんばんはー!w 今日は晴天でしたが、明日は外の仕事なのに雨の様ですね。
かなりテンション下がります・・・w (ノ△<。) クスン・・・
しかし、今期最終セットを組まれている方は、湿度が上がり良いですねー!w

今日は、その湿度についての記事ですが、私も今期最終セットを組んでいる一人ですが、乾季になってきた上、温度も下がり始めるこの季節は、温室内のヒーターがONすると湿度50%ぐらいまで下がり、とても産卵を促進する湿度ではないので、早急に対策を考えないとダメなので検討していました。

その対策には、普通に考えると加湿器を思い浮かべるのが一般的ですが、加湿器の場合十分過ぎるほど加湿できますが、小さいスペースの温室内では効果が強すぎ、温室内部がボトボトになり、カビが生えてしまうのが目に見えます。

そこで、熱帯魚用のヒーターを温室内のケースにセットをして加温しながらの蒸発を利用して加湿する計画していましたが、当方のスタッフ KUWA BROSのTさんは、今はKUWA飼育一本でされてますが、以前は熱帯魚もされており、経験が30年以上のベテランの方という事もあり、私の対策構想を相談したところ・・・

Tさん曰く、水中ヒーターのサーモを、温室内の温度と同じにすると、水中ヒーターも設定温度に達するとOFFになる為、蒸発効果(加湿)も促進しないので、温度に関係なく加湿したい場合は、水中ヒーターを設置するより、エアーポンプで空気を送ると、気泡が発生し、蒸発しやすい状況になり、加湿できるという、良い提案を頂きましたので早速購入してセットしました^^v

な、なんと! セット前まで約50%だった湿度が、セット後ぐんぐん上がり、先ほど確認してきましたら、約90%になっていましたw
いやぁ~ これは使えるテクニックですよ!!w Tさん、ありがとうございます!!w

しかし、エアーポンプは、金魚など飼った事がある方なら分かると思いますが、結構うるさいですよね?w
もし、自分もやってみようという方がいらっしゃれば、少し価格が高めでも、♀に集中して産卵してもらう為に、消音タイプのエアーポンプを購入される事をお勧めします。

私は、国産のノンノイズW300という商品を購入し、消音ラバーの上にエアーポンプを設置しましたが、内気扇のファンの音より静かでストレスは全くなかったです。
そのエアーポンプは、送る空気量も調整でき、蒸発量(加湿)も調整できそうですw
ZERO-MAX Start !! | HOME | Cold morning !!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。