スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First chrysalis !! 

DSCN27591.jpg

おはようございます。 気が付けば2009年最後の月に突入しましたねー!w
振り返れば色々ありましたが、1年もあっという間でしたw

しかし、KUWA飼育はこれからが一番テクニックのいる難しい時期でもあり、また結果が見えてくる楽しい時期になりますね。

当方のブリードルームでも、早熟した♀を中心に蛹化確認出来ています。
♂には窓がなく確認は出来ていませんが、蛹室であろう一部が菌糸ににじみが出ていますので、早い個体は蛹化していると思いますが、触れずして置いていますw

今期は、極力掘らずにラストまで持っていくつもりですが、仕事が落ち着き休みに入った年末年始は我慢出来ますかね?!w

画像は、先日ビン底に蛹室を作った♀ですが、羽化の前兆に入り少しづつ体液が抜け出し、やはり吸収しきれず水溜りが出来てきたので、オアシスで自作した♀専用人工蛹室に移動させました。

時間がなくブログ更新が遅れてたのですが、実はこのGENOM♀も無事に先日45.0mmほどの完品で羽化したました。

また、最終ステージにて数回にわたり暴れ出し、その暴れを止めれない個体もいて困っています。 (ノ△<。) あぅ
ヘビーウェイトの個体ほど、最終ステージでの暴れを起こしやすく、防止するには新鮮な若い菌糸ビンは使用せず、十分に菌が回ったビンを使用した方が良いですね。

その理由は、ビン交換から落ち着くまでの間は良く動くので、大型ほど摂取する酸素量も多くなり、ビン内の酸素不足が原因ではないかと私は考えています。

今回も想定内で、ガン硬詰めではなく、少し詰めを抑えた空気層が多く取れた暴れ対策ビンも準備していたのですが、それでも止まりません・・・w

今は、落ち着きましたが、まだまだ安心は出来ませんので、次回暴れた時は、菌糸の種類を変えてみたいと思い準備しました。

実は、これも有効な裏ワザで、私はあえて1本目と2本目の菌糸を変えているのも、その為なのですが、菌糸を変える事で、3令幼虫に何らからのショックがあり、危険を感じてなのか最終スイッチが入りやすい様に思います。
Thank you again this year !! | HOME | Coming at happy time !!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。