スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top secret of breeding 2 !! 

今日の記事は、かなり長くなりそうですが、先日の記事に引き続き、よく質問を頂く温度管理についてですが、今までは研究中だった為、オープンにしてなかった事も、今回初めて公開する事によって、この趣味の深さを知って頂き、また興味ある方には参考にして頂いて、低迷しているこの世界がもっと盛り上ってくれたら嬉しいです。^^

『私は顎の太いオオクワガタがカッコよく大好きだ!』という方は、その遺伝子を所有する血統個体を手にする事が一番の近道だと思いますが、ここからの話しは、その様な血統個体を手にされたとして、それを前提にお話します。

私は、ブログ内でよく超高温管理と表現していますが、まずその飼育を始めた切っ掛けはAKO-ART-DIRECTORのTさんから、その様な飼育方法をお聞きした事が切っ掛けとなりましたが、Tさんから、お聞きした事は、シークレットな部分もあるかもしれませんので、私からは差し控えさせて頂きますが、それを自分なりに理解し、自分に合った超高温管理を試行錯誤しての研究結果を公開したいと思いますが、これが完全に確立した方法ではありませんので、ご理解の元に参考にして下さい。

なぜ直ぐに、その様な特殊な管理方法を導入したのかは、もちろんTさんを信頼しているからという事も大きいですが、以前から高い温度帯で管理している個体に、好みの形状の極個体が多く出ていると感じていたからです。

その飼育を行ってみて、その効果は、顎痩せを少しでも多く防止をして、スペックを上乗せする事が出来たり、またエッジが立たない丸顎の表現や、短い顎に仕上がり、私好みの太短い顎を表現出来るなど、色々あります。

しかし、その様に表現をできる血統個体は、超高温飼育でなくても、通常の飼育でも十分に表現は可能だと思いますが、私たちが楽しんでいる趣味は完全人工虫の作出と考え、この趣味を真剣にやっている方は、皆さん究極のモンスター個体の作出を夢みて、それぞれに人とは違う何かの工夫をされていると思いますが、それによって、凄まじい個体を作出できた時は、喜びもひとしおではないでしょうか?^^

私の行っている超高温管理とは、そのひとつだと理解して頂けたら嬉しいです!

前置きが長くなりましたが、決して大切な個体を虐待している温度帯ではなく、超高温と言いましても、エアコンで温度管理をされていない方など、夏場によく経験されている30℃という危険温度の壁があると思いますが、冬場にその温度帯を表現するので、超高温と表現していますが、実際は想像を絶する温度帯ではなく、色々試した結果、私の住む関西では、29℃辺りが一番適していると考えています。

その温度は、同じ関西で、リンクの阿古谷の森さんも高温管理をされていて、既にブログで確立された管理温度を29℃と公開されていましたね。^^

それは、今から考えると、昔にAKO-ART-DIRECTORのTさんも、関西なら28~29℃辺りが良いのではないかと、おっしゃっておられた事を思い出しましたが、自分でも色々試し、納得した温度が29℃辺りになったというのは、あの時に私の住む地域から気象台データで分析されたTさんは流石ですね!w

また大切なのは、その超高温管理に、いつスイッチするか? そのタイミングが重要で、それは血統によって時期は異なり、既に蛹化した個体に温度を掛けても最速で羽化するだけで、あまり効果的ではないと私は思います。

理想はビンの中の幼虫の状態が見え、前蛹になったな~と分かれば、そのタイミングで行えばリスクも少なく一番良いと思いますが、期待の個体ほど、居食いしていて菌糸ビンに窓が開かない場合が多いので、いつそれが起こるかを、1本目のビン交換の際、幼虫の状態を確認し、蛹化時期の山を張るしか方法はありません。

その為には、毎年の通常の飼育管理データで、その血統の蛹化のタイミング時期を知り、血統の癖を理解した上で行わないと、闇雲に行っても、その血統を根こそぎ落としてしまったり、大量にセミ化した幼虫を生産してしまう恐れがあります。

実際この方法は、冬場に多量の電力を使い、こんな電力不足で大変な時に、そんな飼育が出来ないと言う方も多いと思いますが、しかし、その温度帯は、嫌でも夏には簡単に作れてしまいますので、ブリードの時期を調整したり、上手に蛹化時期を夏までひっぱる事が出来れば、不可能ではないと思いますので、これをヒントに皆さんの研究で、時代にあった、より良い飼育方法を見付け出して欲しいと思います。

予想以上に長くなってしまいました。 すみません・・。
次回は菌糸ビンについてでも話そうと思いますので興味ある方はご覧下さい。^^
Top secret of breeding 3 !! | HOME | Top secret of breeding !!

COMMENT

前回、今回と内容の濃いブログで現況になりました。
いくつかヒントを貰いましたので
次に生かせるようにメモしとかなきゃ(笑)
2011/04/27(水) 22:30:58 | URL | タカ #98m97flQ [Edit]
タカさん こんばんは。
そう言って頂いたら、嬉しいです。^^
文章をまとめるのが下手で長い文章になってすみません・・。
最後まで、読んでいただき有難う御座いました・
2011/04/27(水) 23:16:03 | URL | GLAMOROUS #/7pI9eh2 [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。