スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENERGY CUBE BED Manual Ⅱ 

DSCN23191.jpg

おはようございます^^ 昨日は、休みで割り出しや、成虫の管理など行えましたw
割り出しの方は、まずまずの結果でした!w

画像は、7月1日より発売させて頂く ENERGY CUBE MAT を使用した飼育で、転倒防止機能のENERGY CUBE BED を使用していても、残念ながら100%無転倒ではございません・・・ (ノ△<。) あぅ
大人しい個体もいれば、暴れん坊もいたり、または、この画像の様に、エサ皿に掴まるより、何かに潜っていた方が落ち着く個体もいるようです。
殆どの個体は、エサ皿を抱き枕の様に抱いて休んでいるのですが、この様になってしまう個体も、少数ではありますが、個体の癖と言うか、何かに潜っていた方が安心できる個体がいる様です。
しかし、この様になってしまうと、ケース底は滑るので、脱出が出来にくく、余計な体力を使わせてしまいますので、今日はその改善方法をご紹介致します。


DSCN23201.jpg

改善の為、生体の足場となる CUBE NET(キューブネット)と命名した、ネットをウレタンマットの下にセットして、テスト飼育を行っていたのですが、脱出もしますが、顎でネットを挟み脱出不可能となったりで、ボツとなりましたw ^^;
まぁ、ほんとっ、無いものをプロデュースするというのは、一筋縄では行きません・・・


DSCN23171.jpg

そんな失敗も繰り返しながら、それでもウレタンマット飼育を諦めたくなく、少し観点を変え、ウレタンマットの下から脱出できるものを考えるより、底に潜らない様にする事が良いのでは・・・?
って事で、この様な個体は何かに包まれてる事が落ち着くのではないかと、加湿したキッチンペーパーを1枚入れてあげる事で改善できました^^v
それ以来、不思議とエサ皿の下で休憩しています・・・w
エサ皿の出入り口に、カーテンの様なものが欲しかったのでしょうか?www
また、左画像は、ウレタンマットをカットして、枕の様な物を1枚入れています。
これでも、改善しますので、お試し下さい d(^○^*)

追記・・・
上の記事についての改善方法を、AKO-ART-DIRECTOR Tさんのブログの記事でもご紹介頂いていますので、私も試してみたいと思いますw

是非ご覧下さい・・・ AKO-ART-DIRECTOR ブログ
Newly sets it up !! | HOME | New life !!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

 プロフィール

glamorous

Author:glamorous
ホームページも是非ご覧下さい。
■GLAMOROUS■HP

 最新記事

 最新コメント

 最新トラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 検索フォーム

 RSSリンクの表示

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。